押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 26日

連獅子、、、特別な裏絵

親獅子、子獅子とも出来上がりました、、、、まずまずの出来です。

d0195637_854758.jpg


二尺五寸の桐板が一本有ったので早速裏絵を描くことにしました、、、、、、当然『牡丹』です。

親獅子の『白』、子獅子の『赤』を使った二輪の牡丹にします。描きかとはいろいろありますが今回はこれ!

d0195637_974449.jpg


まずは鉛筆でラフ描きし、その上に胡粉に墨をまぜた鼠色を作り輪郭を描いていきます。


d0195637_971510.jpg



そしてその輪郭を取った所に白の胡粉と赤をまんべんなく塗りつぶしていきます、、、ここがポイント!
最初に描いた鼠色が薄くなり線だけがかすかに見えるようにします。いつもそうですが木に描くのは
なかなか難しいです。塗った色とそれが乾いた色とはかなりの差があり、また絵具が薄いとにじむし
木目も見える、、、、濃いと汚くなる、、、、

d0195637_9143639.jpg




段々出来上がってきました、、、、

d0195637_9153318.jpg


花びらのぼかしに入ります、、、、、、

白の花には桃色のぼかし、、、、、赤の花には白系のぼかし、、、、、

d0195637_9155864.jpg



最後に葉に金線を描いて出来上がりました。

d0195637_9171733.jpg


今から打ち込むとかさばるので秋になったら押絵を打ち込み完成させたいと思います。

d0195637_919996.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-07-26 09:20 | 仕事場 | Comments(0)


<< 昨日は、いろいろあった1日でした。      夏休み親子で見る歌舞伎教室 >>