押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 17日

新橋演舞場 九月大歌舞伎

昨日は台風が心配でしたが新橋演舞場の夜の部に行って来ました、、、、

今回の見どころはズバリ昼夜の松本幸四郎丈演じるサブタイトル『悪の華二輪』です。

d0195637_8491594.jpg


昼の部は『河内山』、夜の部は『不知火検校』(しらぬいけんぎょう)、、、、、、悪党です!

特に私が見た『不知火検校』は昭和35年初演と言う新しい芝居です。江戸時代末期
盲人の中でも最高位の階級にいる不知火検校ですがその師匠を殺し二代目の座につき
悪行非道の日々を過ごしついには権力と金を手に入れます。芝居を見ていてまぁ~~悪の根源!
幸四郎丈はこの悪を見事に演じていました。

おもおもしい芝居の後の二幕目は楽しい歌舞伎舞踊『馬盗人』、、、、、、、

馬を引いて千鳥足で登場の中村橋之助丈、、、、、、馬を木につなぎ水を飲みに
行った隙に二人組の盗人に馬を盗まれます、、、、、、、その間まぁ~色々と楽しい踊りが
有るのですが馬との踊りが楽しいです、、、、、そしてその馬が花道から『見得』と『飛六法』で引っ込みます。
そんなの初めて見ました、、、、、、

歌舞伎鑑賞の楽しさは対照的な演目を見られ楽しむことも出来るそんな芝居です。

毎年九月には『秀山祭』が行われていました、、、古典歌舞伎の真髄を楽しめる芝居で私も
楽しみで有ったのですが今年から無くなりました、、、、また是非復活させていただきたいものです。

また、今回休演になりました坂東三津五郎丈の一日も早い復帰を心からお祈りしお待ちしています。

座席は一階・一番左サイド後方

d0195637_9251038.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-09-17 09:26 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)


<< いよいよ9月に入り、、、      すみだの“秋祭り”その2 >>