押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 14日

そろそろ大物を、、、、

現在では二尺五寸(75㎝)は大型の羽子板に属します。お客さんからの注文品を
そそそろ手掛けることにしました。

演目は『清元 三社祭』で善玉、悪玉の全身二人立ちです。

20数年前に二度ほど作った記憶が有りますが下図を修正して新たに作ることにしました。

d0195637_923142.jpg


この羽子板は全身二人立ちということで珍しい部類になります、、、、、

そして少し気を使うところが『衣装』です、、、、、二人の漁師の兄弟という設定で歌舞伎にしては
衣装が実に質素です、、、、、、金襴や色目の派手な物が使われていなくどう一本の羽子板にしていくか思案が必要です。

例えば悪玉の衣装、、、、、黒か濃紺か紺か、、、、、、そしてその質感、、、、幾つもの色合いを出してみて
も気に入ったものがなく材料屋へ直行、、、、、、、二件目で丁度いい色目が有りました。

善玉には水色、空色など同系列三色から選ぶ、、、、

シンプルな物こそ拘りが生まれます。


d0195637_934497.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-08-14 09:36 | 仕事場 | Comments(0)


<< 深川八幡祭り      新しいカメラの相棒 >>