2017年 03月 26日

京都に行ってきた その参

最終日は八坂神社からスタートです。

d0195637_09384955.jpg
d0195637_09392185.jpg
石塀小路を抜け清水寺方向に向かう時に美味しそうなちりめん山椒屋を見つけ数点お土産として購入。
d0195637_09452002.jpg
石塀小路は撮影NG、お静かに、、、の張り紙を多く見かけました。観光地ゆえにある恩恵と弊害は紙一重です。

家族は二年坂、三年坂のお土産店を散策する中、、、私は以前訪れて良かった高台寺を再訪

北政所(ねね)ゆかりのお寺です。
d0195637_09472291.jpg
d0195637_09493145.jpg
四月になれば枝垂桜が見れるのだが、、、(画面右奥)
d0195637_09520425.jpg
豊臣秀吉、北政所の座像があるお堂
d0195637_09532208.jpg

栄華を極めた豊臣で有ったが時代の流れは徳川へ、、、、

『露とおち 露と消えにしわが身かな 難波のことも 夢のまた夢』秀吉の辞世です。
d0195637_09534462.jpg
出口付近にあった茶房でチョット休憩、、、、、抹茶を飲みながら境内を見渡し古の安土桃山時代を思う私、、、

d0195637_09555855.jpg
二年坂、三年坂はすでに国内外の観光客で大賑わい、、、
d0195637_09573098.jpg
d0195637_09575750.jpg
清水寺は大規模な補修工事に入っており絶景は見られませんでした、、、、四月になれば桜がきれいでしょうね!

d0195637_09582921.jpg
d0195637_10015866.jpg
京都市内を一望
d0195637_10025328.jpg
昼食後坂を下り建仁寺へ
d0195637_10042044.jpg
d0195637_10052936.jpg
このお寺、、、お堂内撮影OKです。ありがたい!

俵屋宗達『風神雷神屛風図』(デジタル複製)
d0195637_10064854.jpg
雲龍図襖絵
d0195637_10083577.jpg
d0195637_10085756.jpg
法堂天井へは『双龍図』
d0195637_10325842.jpg
d0195637_10332972.jpg
庭園
d0195637_10340752.jpg
d0195637_10350029.jpg
建仁寺を出るとすぐに祇園の町家です、、、、ここで待望の3時のスイーツ(^◇^)

特にこれといった商品写真も無いお店が並びます。インターネット、SNSなどの普及により各店自慢の品が
検索できるのもこのご時世ならでは、、、行列のお店も少なくない。

アイスを主体としたお店へ、、、、

d0195637_10395264.jpg
もう3日間もいるとこの言葉しか見当たりません、、、「パーフェクト」

付いてくるほうじ茶がまた美味し!

d0195637_10421641.jpg
帰りの新幹線は8時台、、、余裕も有ったので最後に南禅寺へ

d0195637_10434198.jpg
『絶景かな、絶景かな』石川五右衛門で有名な山門

京都でのサスペンスもので良く出るという水路閣
d0195637_10465035.jpg
時間も無いので急いで拝観、、、庭園を観る。
d0195637_10480803.jpg
d0195637_10484036.jpg
渡り廊下の左右の庭園が絶妙でした。

d0195637_10501430.jpg
この後京都駅に向かい夜遅く帰路につきました、、、、、

今回久々の京都でしたが感想はブログ内各所で書いた通りです。
寺院はさることながら食や店舗で売っている一つ一つの商品のパッケージを含む素晴らしさ、人間の五感を刺激し第六感(創造性)までも引きだしてくれる観光都市『京都』の高いポテンシャル
には敬服せざるを得ません。新旧の物が『間違っていない』そんな気がします、、、、流石です。

そんなことで刺激を受けた旅でした、、、、今回初めて3日間フルサイズ一眼レフを担ぎ各所を回ったわけですが流石に加齢からの腰への
負担が無いと言ったら噓になります。軽量のミラーレスへの移行も有りかと頭をよぎりましたが家族スナップを含めやはりフルサイズ
でのクオリティの高さ、所有感からの姿勢はその重さ以上の物でした、、、、今後は鍛えていきたいと思います。

そして今回始めたもの、、、、、私自身近年東京で寺院を訪れることが多くなりました。その際どうせ行くなら最近流行っている『御朱印』
を始めてみようと思っていましたがなかなかきっかけがなくこの京都で御朱印デビューとなりました。

d0195637_11342295.jpg
d0195637_11343697.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-03-26 11:09 | 我が家日和 | Comments(0)


<< 途中でしたが続きです。      京都へ行ってきた その弐 >>