押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 15日

再び『お茶』の世界へ

昨日は仕事前に東京国立博物館で開催している『茶の湯』展に行ってきました、、、、、、
開門前にすでに列ができていて人気を伺えさせます。

d0195637_09003286.jpg
今回の展覧会は室町時代から近代までの歴史が順を追って紹介され『茶の湯』の伝来が私などにもわかりやすい展示となっています。

d0195637_09143305.jpg

まずは中国・南宋時代の茶器、水墨画の軸の銘品から始まります、、、、、、

室町足利将軍家などの時代を経て安土桃山期の千利休の卓越した感性と道具の見立てにより『侘茶』が大成いたしました。

棗(なつめ)茶さじ、また茶器も唐物から高麗物を経て和物が出現します、、、、その代表的なものが先日観に行った『楽焼』です。

江戸期に入ると『茶の湯』は多様化され多くの数寄者(愛好家)に親しまれます。

私たち日本人には無くてはならない毎日飲んでいるお茶ですがその歴史を垣間見れたことはお茶好きの私にとって
大変勉強になりました。

館内庭園の桜が見れたことはラッキーでした!四月の半ばというのに今年は本当に長く楽しめましたね!

d0195637_09272563.jpg




[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-04-15 09:27 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)


<< 隅田川、、桜の次は。      こちらも組み上げに入りました。 >>