押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 27日

シャーペンを買う、、、

押絵を作るときにまず下図を描き、、、その下図から各部品の型を取りますがその後にその型を完成させる枚数だけ各種ボール紙に複写をします。

以前より気にはなっていましたがその複写、、、、、豆板であろうと75センチ級の羽子板であろうと同じ0.5ミリのシャーペンを
使っていました。ところが先日文具コーナーを見ていたら近年0.2mm、0.3mmのシャーペンが存在することを知りました。

やはり豆板の型取りには0.2mmが必要と考え購入、、、、、、、何が言いたいかと言うと、、、、、、芯が太いとそれだけ微妙に
大きくなるわけで特に豆板は小さいだけに気を使います。

今後加齢によってこの細い線を鋏で切ることができるかどうかはわかりませんがまずはトライ!

左と右の型、、、、線がこんなに違うとは。

d0195637_10034315.jpg





[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-12-27 10:00 | 道具 | Comments(0)


<< JR両国駅階段アート      仕事再開 >>