押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仕事場( 377 )


2017年 05月 18日

足りない、、、

『静の舞』、、ようやく組み上げ作業になったのですが何やら面相が足りない(@_@)

前回描いたもので間に合うかと思ったのですが、、、、、、、そこで急遽描き始めました。

ここで足りない枚数だけではダメなのでいっきに数十枚を手掛けることにしました。

まずは面相の下地となる面型の押絵から、、、、

d0195637_09021330.jpg
d0195637_09023558.jpg
d0195637_09031255.jpg
d0195637_09025608.jpg
頑張るぞ!

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-05-18 09:03 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 05月 11日

スガ植え、、、その他

『鬘』のスガ植えです、、、、、

絹糸を植える前に『スガ下』と言って普通に布で包みますがその布地を売っていた材料屋がなくなり
新たな布地にしましたがこれがまた調子が良く糸をしっかり植えることができました。

d0195637_09002708.jpg
d0195637_09010783.jpg
d0195637_09012600.jpg
小道具類は『中啓』『太刀』

d0195637_09035638.jpg
d0195637_09041825.jpg
『房紐』はカミさんに作ってもらう、、、、、

d0195637_09051810.jpg
d0195637_09071335.jpg
面相は以前描いたものがあるのでそれを使うが、、、、、何だか足りなさそう"(-""-)"

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-05-11 09:07 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 04月 20日

上絵を描く

『静の舞』、、、、上絵描き始めました。

桜とモミジの型紙を作り胡粉で刷り込みます。

今回は前回より一回り大きく描いてみました、、、、大きくするには多少勇気が必要ですが出来上がりの
見栄えが違います。

d0195637_07462465.jpg
これでは彩色できないので更に胡粉を盛ります。
d0195637_07475287.jpg
乾いたら彩色に入ります、、、、
桜の花びらは平たい刷り込み刷毛を使い桃色でグラデーションをかけます。

d0195637_07581137.jpg
ここ、、、結構ポイントです。

d0195637_07585530.jpg
花びらやつぼみを盛り上げ胡粉でくくります。

d0195637_10005571.jpg

最後に輪郭を金線でくくれば出来上がり。

d0195637_08030507.jpg
来週は『すみだまち処』の実演がありますのでこちらの仕事は一時中止になります。
実演会場ではまた新たな仕事を揃えて行かなくてはなりません。


[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-04-20 08:03 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 04月 12日

こちらも組み上げに入りました。

中途半端になっていた『静の舞』を組み上げています、、、、

d0195637_09185492.jpg

昔から外出の仕事の折には一週間の期間各部分の綿入れ作業が主でした。一本の羽子板の部品が40程あるとすると20本一度に
作りますのでその数800程になります。帰宅後組み上げますが最近はいろいろな仕事も有るので昔のようにはなかなかいきません、、、
今更ですが何とか考えないと、、、、、、外出の実演時にある程度まとめる方法も有りますが組み上げ作業は意外と場所を取るので
難しい場合も有ります。そんな弱音はさておき、、、、、組みます。

d0195637_09191329.jpg
d0195637_09193649.jpg
先日ブログでも書きましたが今月区の広報より羽子板の作り方の収録を依頼されました、、、、、これが結構本気モードでして
最初から最後までの主な工程を写すこととなりました。私は面相・押絵両方の技術認定を受けているのでその段取りなので
これから忙しくなります。現在面相は描き終わっていますので何か収録の為に用意しなければならないと思います。

月末には『すみだ まち処』の実演予定になっていたりこんな調子が今月いっぱい続きそうです。



[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-04-12 09:27 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 04月 05日

出来上がりました、、、

豆板『助六』の完成です。

昨年末で完売しましたが何とか二年はこれで持ちそうです、、、、板に打ち込むのは秋になります。

d0195637_14224542.jpg
次の仕事もやりかけも物を完成させようと思って取り組んでいますが、、、、、

今月は墨田区の広報より製造過程の動画撮影の依頼がありその方法を今思考中です。

私は区の無形文化財の認定が『押絵』と『面相』になっているので二つ組み合わせなければなりません。また『上絵』や『下図』も
描きますので大変でもあります。流石にこの時期に桐板(羽子板)は無いので『裏絵』は描けませんが、、、、、
良き映像にしたいですね。





[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-04-05 14:31 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 03月 31日

途中でしたが続きです。

助六の上絵を描き組み上げに入ってます、、、、

d0195637_09262374.jpg
d0195637_09265964.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-03-31 09:27 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 03月 20日

胴部の組み上げです。

体の部分が組み上がりました、、、、、

d0195637_09500346.jpg
助六は特に上絵はありませんが『紋』を描いていきます。

d0195637_09511830.jpg
d0195637_09513282.jpg
面相や腕などはの方は前回描いたたものが有りますのでそれを使います。豆板の面相は百数十枚一編に描きますので
こんな時には助かります。

d0195637_09535132.jpg



[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-03-20 09:54 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 03月 15日

さてさて、、、

何かと忙しかったが昨年よりやりかけの仕事をまとめることから始めることにした、、、、、

しかし、どれがやりかけなのかわからない(T_T)/~~~部品が集まっていそうな袋を探し出し再開!

これは豆板『助六』のようだ!

d0195637_09574352.jpg

やはり職人仕事は手間暇かけて『コツコツ』やっていくしかない、、、、

d0195637_10013007.jpg
d0195637_10015485.jpg



[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-03-15 10:02 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 02月 07日

押絵作業、、、組み上げです。

先日の続きです、、、、

仕事は押絵の作業になります。今回は特殊な甲冑姿ですのでいつもの作りと違います。

以前甲冑師の方より譲っていただいた『鹿革』を押絵として使用します。

d0195637_9435932.jpg


鎧作りは小札(こざね)から作ります、、、、、薄めのボール紙に盛り上げ胡粉を盛り乾いたら
金色を塗り金具を作ります。

d0195637_9465811.jpg



d0195637_9472675.jpg


d0195637_9474689.jpg



d0195637_948571.jpg


鎧の縅(おどし)は朱色の平紐

d0195637_9491820.jpg



一枚ずつ乗せていきます。
d0195637_9495727.jpg


d0195637_9501876.jpg



胴部が出来上がりました。

d0195637_951916.jpg


全体的に注意することは甲冑物はとかく型数が増えるので知らず知らずの間に押絵自体が厚みが
出てきます。普段とは違う綿入れ作業が大事です。


先日できた面相にて組み上げ、、、、完成です。鉢巻には『桃』のデザイン(これも作りました)

d0195637_9552399.jpg



60センチの羽子板に桃太郎兄弟を何とか入れてみました、、、、、、
頭部に『力紙』という荒事特有の拵えが(こしらえ)が有るため大変バランスが難しかったです。
また二人同じ衣装の羽子板ですので色味という点では仕方がないところでしょうか?
特別に軍扇には角切銀杏を配しました。

明日からの歌舞伎座木挽町広場でお見せすることができます。多くの方に喜んでいただければ
幸いと思います。(狭いブースですが)

また、本日ですみだまち処での実演は最終日となります。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-02-07 10:07 | 仕事場 | Comments(0)
2017年 02月 04日

こんなの作ってました!

先月ブログ公開できなかった羽子板を時期が来たので順を追ってupします、、、、、

当月の歌舞伎座は『猿若祭』と題します興行が行われその中で初舞台における『門出二人桃太郎』が
上演されます、、、、、これに挑戦してみました。

話は昨年11月、、、、ある浅草の会の忘年会で重鎮の方より『二人桃太郎は羽子板市に出るの?』と聞かれたのがきっかけでした。
羽子板市には半月を切った忙しい時期でもあり前々から気にはなっていましたが作る事はできませんでした。

翌12月の初め職人仲間より二月木挽町広場で中村屋恒例の職人長屋招集の声がかかり参加することに
なりました、、、、、、

こうなると時間もあるし職人の血が騒ぎます。ただ、、、、、滅多にやる演目では無いので資料がありません"(-""-)"
そうこうしているときにテレビ情報番組で二人桃太郎のスチール撮りの様子が放映されそれをたまたまカミさんが録画してくれまして
それを参考に布地選び、下図構成を始めました。布地はできるだけ実物に忠実にチョイスできました。

こんな経緯で今年に入り始めたわけです。ただ幾つか問題点が、、、、、、

まずは羽子板のサイズ(大きさ)今回二人の桃太郎ということです。兄と弟をそれぞれ単品で作るか
二人立にするか?またその大きさは?、、、、、さんざん悩んだ末せっかくな兄弟なので『二人立ち』
に、、、、そしてサイズは25号では大きく高価にもなるので20号(60センチ)に設定しました。
ただ二人立の60センチは下図描きが最も難しく先代(父)も嫌がってあまり作りませんでした。

次に子供といえども甲冑を着ている『軍記物』という枠になり手間もかかります。

迷ったのが面相、、、、私もですが父でさえ子供の顔は描いたことがありません。
似顔絵チックにするのも考えましたがここは子供と言えども歌舞伎、、、、、付け打ちも入れば
見得も切るし立ち回りも有ったりする、、、やはり昔の錦絵を意識した顔立ちに決めました。

長くなりましたがまずは下図描きから、、、、、

d0195637_9275711.jpg


兄の桃太郎が太刀を振りかざし鬼退治、、、、、弟桃太郎は退治後『軍扇』を広げ見得を切る、、そんな構図

さてさて、、、隈取はどんなんだろー??ビデオを繰り返し見て、、、、、

d0195637_9313760.jpg



こんな感じ?

面相から描いてみることに、、、、

d0195637_9331175.jpg


d0195637_9333083.jpg




d0195637_934645.jpg


隈取の決め手の絵具はコレ!

d0195637_9351682.jpg



d0195637_9354018.jpg


d0195637_936996.jpg



やはり子供ですので目はぱっちり大きく可愛く、、、、

d0195637_93728100.jpg


胴部押絵に続く、、、、、

、、、、、と言う訳で2月8日~13日まで木挽町広場中村屋職人長屋に出店いたします。
9時30分より18時30分までの開店のようです。現在は木彫刻、扇子、勘亭流文字描きの
職人が店を構えておりますのでどうぞご覧ください。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-02-04 09:46 | 仕事場 | Comments(0)