押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:羽子板の写真( 45 )


2017年 11月 27日

見っけ物、、、、

我家の豆板には額に入ったものがありますが先日それを近くの額屋に買いに行きました、、、、

その折、、、ワゴンセールで使えそうなものが売っていましたのでそれも買ってきました。(少々塗りムラ有)

縁が漆黒なので揚巻と助六を入れようかと、、、、、、

早速『桜』を描く

d0195637_09315649.jpg
たて23センチ、横29センチの額です、、、、、、
d0195637_09335825.jpg
小さなお部屋でも江戸の『粋』を感じたい方、、、、いかがでしょうか?



[PR]

by hagoita-kougetsu | 2017-11-27 09:35 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2016年 11月 14日

完成したので打ち込んでみました。

豆羽子板『祇園祭礼信仰記 金閣寺・雪姫』

銀の散り簪は特注の型で銀紙を打ち抜いて作ります、、、、

d0195637_9501745.jpg


d0195637_9503938.jpg



今回、面相を『狂言仕立て』にしたのが良かったと思います。
何か戦前の豆羽子板を思わせる感じです、、、、白ねずみもバッチリ!

d0195637_951134.jpg



おかげさまでこのブログも今月6年を迎えることとなりました、、、、
毎年さほど日々変わり映えのない投稿になりますが今後とも宜しくお願い致します。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-11-14 09:53 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2015年 12月 07日

羽子板の写真その11(男物)

昨日描いた背景に押絵を打ち込みました、、、、

d0195637_8551889.jpg



『近江源氏先陣館』・佐々木盛綱 (背景では波を描いたのですが打ち込んだら見えなくなりました)

d0195637_8544899.jpg


『壽式三番叟』(全身物) 

d0195637_8582680.jpg



歌舞伎十八番『鎌髭』(かまひげ)20号で二人立ちは珍しい、、、、、

d0195637_902827.jpg


久しぶりに『仮名手本忠臣蔵・七段目』 大石内蔵助とお軽が揃う

d0195637_924481.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-12-07 08:55 | 羽子板の写真 | Comments(2)
2015年 09月 05日

『車引』三人立ち額入り

来週の赤坂大歌舞伎『職人五軒長屋』出店に向けて先日完成しました松王丸を梅王丸・桜丸と共に
昨年始めた額入りにしてみました。

何と言っても背景図が大事なのですが、、、、こんな感じに描いてみました。

まず色和紙を張り、、、、、、、

d0195637_8565416.jpg


この和紙ですが、、、、、揃えた物は各色、色の違いもさることながら質感も全然違うので絵具の調子が
それぞれ異なり思った以上濃い目にしないと出来上がりが綺麗にいかない感じです。
今回は鼠色の物を選択し使用しました。

d0195637_8594424.jpg



中央に松、、、、、、左右に桜と梅を描きます。

d0195637_905437.jpg


ここで左右の桜と梅に対し比較的おとなし目の松を描きました。ここに『ガッチリ』描くと全体的に
うるさくなると思ったからです。

ナンチャッテ勘亭流も加え出来上がり、、、、

d0195637_934060.jpg



d0195637_942147.jpg


梅王丸・松王丸・桜丸の車引きが揃うのは珍しい事です、、、、、、私がこの仕事について30数年で
過去には一度だけでした。どうしても単品販売では売れ行きが異なりますので、、、、、、
次回もこんなシリーズは続けていきたいと思います。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-09-05 09:13 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2015年 04月 14日

今回の為に、、、、『お三輪』

平成中村座夜の部は『妹背山婦女庭訓』が上演されます。

今回の為に『お三輪』の狂言物(可愛らしい顔でない物)を打ち込んでみました。

女物もこんな感じだと羽子板としての重みが違うような気がします。

d0195637_9545374.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-04-14 09:56 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2015年 04月 12日

“イチ押し”

そして最後の限定品の紹介です、、、、、、、、、

『勧進帳』の豆板三本立ちです。
洋間にも合う額に入ります、、、、、、額はオーダーなので期間限定で受注生産となります。

d0195637_9421480.jpg


d0195637_106385.jpg




こちらはいつもの豆額のタイプ、、、、、弁慶と富樫の二人立ちです。

d0195637_9443841.jpg



何やら勧進帳に拘った物ばかりになりましたが作った本人とテンションが何故か上がっております。

前にも書きましたが、、、、芝居を観に行くのは一日中が幸せ感いっぱいになるものです。
ご婦人なら芝居見物に何を着て行こうか、、、、、チョット贅沢なお弁当、、関連のお土産選びも楽しいし、、、帰りに甘味や美味いお酒の
一杯も飲めて帰路につく。ましては浅草の地ではそれらをするのも事欠かないほど美味しいところはありますし浅草寺と言う祈りの場も有ります。
勿論、、芝居が第一なのは言う事ともありません、、、、、

場内にある職人長屋はそんな一日を楽しくする一つだと思います。私も今回の出店では演目の『勧進帳』や
『妹背山・お三輪』などの羽子板を持って行き時間が許す限りお話もし観劇される皆様の少しでも幸福感
の足しになればと務めます。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-04-12 10:04 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2014年 12月 14日

新型 豆羽子板額

羽子板の鴻月では昔から単品の豆羽子板額(色紙)があり好評を得ていました。

更なる豆羽子板額が出来ないか考案中だったのですが遂に出来上がりました、、、、、、

金曜日注文していた額屋から閉店15分前に電話が有り『出来たので取りに来て、、、、、、』との一報、、、
車で行けばよかったが時間もないので自転車で行ったら大変でした。

いずれにしても羽子板市には間に合う、、、、良かった良かった。

『歌舞伎十八番 勧進帳』

d0195637_11591052.jpg


まずはお約束の三人立ちです、、、、定式幕の背景が羽子板を引き立たせます。


『助六由縁江戸桜』

d0195637_1204598.jpg



夜の吉原の風景を背景にしてみました、、、、、、桜と仲之町の灯りが『郭』を思い浮かべます。

『連獅子』

d0195637_1225135.jpg


クリーム地の和紙に紅白の牡丹を書いてみました、、、、、、、

『一陽来復』、、、、と題しました。

d0195637_128039.jpg



d0195637_1281817.jpg


宝船と三番叟、、、、全然違う物ですが組み合わせておめでたい形にしました、、、、、
三番叟の背景はそれぞれ違う『松』、、、、銀色の和紙とクリーム色の和紙。二つとも水引をあてがって
います。

『勇・智・仁』、、、、と題しました。

d0195637_2036574.jpg



御存じ歌舞伎十八番の内の『弁慶』『暫』『助六』です、、、、、
この登場人物を漢字一文字で表しました。暫は勇気の『勇』、弁慶は智恵の『智』、そして助六は親愛の情
を表す『仁』、、、、、、男子誕生のお祝いにと考えてみました。また助六は江戸一番の色男、、、イケメンです。


単品の額は『和風』でしたが今回の額は洋間にもピッタリの形で色目も木目ブラウンにしてみました。

そして最大の違いが『縦飾り』にしたことです、、、、、洋間と言うのは『縦』が似合うのに気づきまして、、、、
鏡やカレンダーなど大抵が『縦』です、、、、、、そしてこの額を縦に使うことで多くの可能性が生まれます。

背景の絵を生かし今後も『ストーリー性』のある物を作っていきたいと思います。

また、価格帯も2万円台~3万円台と今まで無かった設定なので用途もいろいろで幅も広がるような
気がします。



[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-12-14 12:20 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2014年 12月 13日

25号『八重垣姫』

25号(75センチ)の八重垣姫です、、、、、、薄い藤色のグラデーションの品の良い作りです。

d0195637_964883.jpg


先日浅草の老舗料理店から注文が入りました。客間の正月飾りのようですがこのお店昭和30年代からの
羽子板をお持ちで毎年各部屋にディスプレイしています。たまに直しの依頼が有り私も先人の羽子板を
見ることにとても勉強になっています。(さすがにお座敷なので大型の羽子板ばかりです)

昔から東京でも有数な観光地の御地ですがお料理はもとより季節・歳時記による『おもてなしの空間』は
外国人にとって嬉しい事ではないでしょうか?また、我々日本人もなかなか自宅では味わえない『日本文化の空間』
は心を癒されます、、、、、、そんな暮れからお正月のお料理の空間を羽子板で飾ることが出来たなら職人
冥利に尽きます。これも『パッケージング』の一つの形だと思います。

さて、、、、、先日よりスカイツリーのライトアップが変わりました祝ノーベル賞と題し『光の三原色』の
ライティングです。気分展開にカメラ持って出かけてきました、、、、、

水戸街道・源森橋より

d0195637_9165234.jpg



スカイツリー前東武橋付近

d0195637_9175259.jpg


押上付近京成橋付近

d0195637_9183816.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-12-13 09:20 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2014年 12月 06日

25号・『道成寺』と『浅妻船』

25号とは全長75センチの大型の羽子板です、、、、、

羽子板は年々住宅事情から小型化されていますが全国都市部以外ではまだまだ飾れるスペースも
ある御宅も多く羽子板市では数量ですがここ数年売れています。

そんな羽子板を久々に打ち込んでみました。

『京鹿子娘道成寺』


真っ赤な衣装に桜の模様が印象的な羽子板です。

d0195637_9282342.jpg



『浅妻船』


d0195637_9315328.jpg


道成寺とは対照的な色合いです、、、、、、緑と朱を基調にした大人っぽい仕上がりになっています。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-12-06 09:33 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2014年 11月 23日

25号『三社祭』

夏場に作った『清元・三社祭』を先日裏絵を描いた桐板に打ち込み完成させました、、、、、

全身二人立ちという特殊な羽子板なので背景が悩みましたがこんな感じにしました。
元々地味な衣装なので背景は明るいほうが好ましいのですがどれをやっても似合わず最終的には
グレーの濃淡の中でチョイス、、、、、、三社祭のシンボル『投網』を金線で描き人物を浮き立出せてみました。

更にまだまだ地味なので下部に『差し色』として赤で白の桜模様を入れてみました。

d0195637_1043494.jpg


d0195637_1043329.jpg



やはり私が目指すのは“いにしえの浮世絵師の流れをくむ江戸前の羽子板”です。

羽子板市には最前列に飾りますのでご高覧ください。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-11-23 10:51 | 羽子板の写真 | Comments(0)