<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 30日

区内中学校の文化祭にて

昨日は私の母校の中学校の文化祭に呼ばれ羽子板作りの実演に行ってきました。

私が所属している墨田区伝統工芸保存会には昔から度々、小中学校からの実演依頼が
あり各種職人が行って、生徒や父兄に仕事を見てもらいます。

今回は職人仲間の漆工・安宅さん、足袋・石井さんの三人での実演です。

d0195637_9281473.jpg


d0195637_9284743.jpg



私のブース、、、

d0195637_9295056.jpg


短時間ではありましたが後輩諸君には普段見られない地元伝統工芸を見れたのは良かったと思います。

d0195637_9315753.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-30 09:33 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2011年 10月 27日

家族も総動員、、、

先日、豆羽子板の打ち込みが一応終わりましたが、それをセロファンに包み、飾り台や
印刷物を揃えて箱詰にしなくてはいけません、、、、ここで母の登場です。

d0195637_817178.jpg


これが数があるとなかなか大変だ!

d0195637_817345.jpg



12月で86歳になる母ですが、家事をやりながらわずか2日程で完了しました、、、

d0195637_820954.jpg


夕食後にもつまみ簪を作る女房、、、、、

d0195637_8214133.jpg



d0195637_8222290.jpg


家族総動員の羽子板の鴻月でした。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-27 08:23 | 仕事場 | Comments(0)
2011年 10月 24日

第三回 すみだの手しごと展のお知らせ

鴻月と私が所属する墨田区伝統工芸保存会が協力している
『すみだの手しごと展』が下記の日程で開催されます。

2011年11月3日(木・祝)~6日(日)
11時~18時
すみだパークスタジオ“倉” 墨田区横川1-1-10  

内容は、すみだの伝統工芸手仕事の方々の作品展示・販売・実演、
職人による体験教室、そして、第五回『ホピ・ズニ作家展』(アメリカ先住民・ホピ族・ズニ族
によるインディアンジュエリーの展示販売・実演)、長野県小布施町・福島県の酒造元などふるさと
産品の販売があります。

穏やかな秋の季節、、、、お時間でもありましたら『すみだの手仕事』ふれてみませんか、、、、


d0195637_1884658.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-24 18:09 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2011年 10月 22日

豆羽子板の出来上がり



羽子板の背景描きも鴻月ならでは、、、16号道成寺

d0195637_8291982.jpg


d0195637_8303844.jpg



豆羽子板はおおむね打ち込み出来上がりました、、、、20数種類300本程度です。
今年は数を減らしその分、種類を増やしましたのでお客様にも満足してもらえると思います、、、、

背景(バック)はこんな感じで一晩程度押します、、、、

d0195637_8353645.jpg


d0195637_8363393.jpg



d0195637_8365762.jpg


d0195637_8372846.jpg



d0195637_8383772.jpg


今年はこの時期の仕事としては若干早いのですが、それは11月に数日間外出の仕事が
ありまして先へ先へと進めています。イベント内容はまた改めてお知らせいたします。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-22 08:44 | 仕事場 | Comments(0)
2011年 10月 19日

私事ですが、、、、、

昨日18日は、私の誕生日でして、、、、、
家族に祝ってもらいましたショットです、、、、、

夕食は手巻き寿司

d0195637_813777.jpg


お酒はあまり飲めませんが、、、乾杯!

d0195637_8141593.jpg



ケーキも買ってもらいました!

d0195637_8152514.jpg


・・・・・と言うことで49歳になりまして40代最後の一年に突入しました。
父鴻月が言うには遅い子持ちだったのでまさかこの歳まで一緒にいられるとは思っていなかったでしょう!何より考えてみれば、この道に入って早30年になりました。ありがたいことです、、、、

誕生日もうれしいですが、うれしさがもう一つ、、、、、、昨年この時期に始めた『禁煙』が
一年経ちました、、、、、当初から苦しむこともなく現在に至っています。何か自分にも
ご褒美買おうかな?

お世話になっていた自動販売機、、、、、見ないうちに種類も増え、パッケージも変わったな~!

d0195637_8251313.jpg



東京スカイツリーも634m到達から特に話題が進んでいませんが久々の写真です。
商業施設の外観もでき周りも随分整備されてきました。

d0195637_828123.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-19 08:29 | 我が家日和 | Comments(3)
2011年 10月 18日

特別な押絵、、、、

仕事の合間をみてこんな押絵も作りました、、、、

昨年、日本刺繍の愛好家が自分の作品を押絵にし羽子板に付けてほしいという
依頼がありました。シンプルな作業だったのでお引き受けし完成させました。

一点物の刺繍なので裁断は気をつけました。

d0195637_87014.jpg


d0195637_88317.jpg



もう一点は、近年浅草の羽子板市で東京芸術大学のデザイン科の皆さんと
コラボ作品を作り展示販売する店を開店しています。
年々評判が、評判を呼び多くのお客さんもついているようです、、、小さいサイズの物は
完売の物も有るとか、、、、、

今年も度々芸大に向かい学生さんと話し合い、私の取り掛かる作品が決まり製作しました。

本人が彩色しますので出来上がりは今年の羽子板市で、、、、

d0195637_8154922.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-18 08:18 | 仕事場 | Comments(0)
2011年 10月 16日

豆羽子板から打ち込み始めました!

いよいよシーズン到来?と言うことで春に仕入れた桐板に押絵を
打ち込む作業を始めました、、、、

まず、今年の初めに注文されていたものから先行して仕上げてます。

d0195637_944219.jpg



また、10月に入り初正月を祝う羽子板の問い合わせも増えてます、、、、、

近畿地方のお客さんで三人目の女の子のお孫さん誕生だそうです、、ご注文を頂きましたが前の御二方も鴻月の羽子板です。
『京鹿子娘道成寺』無かったので二尺物ですが打ち込んでみました。
店にある羽子板を写真に撮り、数種類お送りして選んでもらってますが、、、、ここだけ
アナログです。

d0195637_911453.jpg



豆羽子板の背景描き

d0195637_9132858.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-16 09:15 | 仕事場 | Comments(0)
2011年 10月 14日

芸術祭十月花形歌舞伎 昼の部

昨日は女房と新橋演舞場へ行ってきました。
今月は若手による花形歌舞伎ですが昼の部は三幕それぞれ違った
芝居で楽しませてもらいました。

d0195637_8243134.jpg


まず、源平にまつわる話で『義賢最期』、、、、、
時代物らしく義太夫との掛け合いで素晴らしい演技を見せてくれた片岡愛之助丈でした。
最期までの大立ち回りは圧巻で若手ならではの体力も必要な芝居のように思います。

d0195637_829373.jpg



続いて『京人形』、、、名匠左甚五郎演じる市川右近丈、、、、
郭で見初めた太夫に生き写しの人形を作り、その人形に魂が入り一緒に踊るという舞踊劇です。
演奏方が二組あり珍しい舞台でした。

今回は一階右サイド後方、、、、

d0195637_8352733.jpg


女房がいると、今回も上等なお弁当!

d0195637_8363616.jpg



さて、最期は大爆笑した芝居、、、、中村獅童丈が演じる江戸っ子『一心太助』のお話、、
コミカルな芝居の連続でこんなに笑って良いのだろうかと思うほどの内用で終始場内大爆笑!
世話物的のこの芝居、一心太助と将軍徳川家光の二役でセリフ回しも独特で難しいところです。

d0195637_8434554.jpg


『花形』=『若手』と言うくくりが幾久しく言われますが、もう十分中堅どころだと思います。
大歌舞伎を一か月興行してあれだけ多くのお客さんが来ていまし、恐らく夜の部の来年猿之助を
襲名する市川亀治郎丈の舞台も素晴らしい物になると思います。

帰りに建設中の歌舞伎座を写してみました、、、平成25年に完成とか。

d0195637_8551322.jpg



今月歌舞伎界から悲しいお知らせがありました、、、人間国宝七代目中村芝翫丈が他界されました。
昭和・平成を名女形として一筋に生きてこられた方です。先月の『沓手鳥孤城落月』の1日だけの
舞台が最後になりました、、、、、、しかし成駒屋のお家芸『淀君集』の淀君役が何かの縁だったのかもしれません。謹んでご冥福をお祈りします。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-14 09:01 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2011年 10月 12日

羽子板の修理

毎年、浅草・今半国際通り本店さんが所有する羽子板を修理しています。
昭和30年代から40年代の羽子板約40本ほどあります。
大きさも二尺五寸(75センチ)~六尺(180センチ)の大物ばかり、、、、、

昔ながらの作りでできた羽子板ですので修理が出来るのです。
また、歴代の諸先輩の作った物は私にはかなり勉強になり今後の
羽子板製作には大いに参考になることは間違いなく毎回お引き受けしています。

八重垣姫全身・三尺(90センチ)、、、姫簪が紛失

d0195637_8195133.jpg


羽根の禿・三尺(90センチ)、、、手に持っている宝船が損傷

d0195637_822104.jpg



暫・四尺(120センチ)、、、、買った当時からの首のふさ紐が色あせたので交換

d0195637_824519.jpg


d0195637_8273420.jpg



今回は比較的簡単な修理でしたがかなり大がかりな物も時にはあります。
古い羽子板は板から外して作業するのはなかなか難しいので厄介です。
時には、お客さんが酒によって羽子板の女物にキスをした、、、と言うものもあり
染抜きもする場合もあります。


11月下旬より1月中旬ぐらいまで店内各部屋に展示してあるそうですので、
お食事しながら名作羽子板を見てはいかがでしょう!良い羽子板ばかりですよ!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-12 08:41 | 仕事場 | Comments(2)
2011年 10月 09日

江戸東京たてもの園へ

昨日は、小金井市にある江戸東京たてもの園に行ってきました。
東京都伝統工芸技術保存会の仕事で毎年この時期に、各区伝統工芸保存会が
実演及び、体験コーナーを設けて展開しています。私は世話人として行ってきました、、、、

ではその園内を少しご紹介します。

たてもの園は東京の貴重な建築物(民家)を修復し移転させ展示しています、、
もちろん中に入れます。

西ゾーンは山の手の建物、東ゾーンは下町系の建物があります。

昭和11年2・26事件の現場にもなった高橋是清邸

d0195637_843598.jpg


人気はやっぱり下町風景

d0195637_8444943.jpg



d0195637_8451364.jpg


d0195637_846012.jpg



映画やドラマで見た戦前の風景、、、見覚え有る方も多いと思います。

d0195637_8474760.jpg


昨晩放映されたNHKの松下幸之助物語にも出ていた風景です。


『体験!拝見!職人さん』風景

民家の中で実演です、、、珍しい『刀の研磨』

d0195637_8501088.jpg
<


村山大島紬

d0195637_85115100.jpg


千と千尋の神隠しのモデルになったと言われる銭湯

d0195637_8584712.jpg





銭湯の中では体験コーナー開催

d0195637_853847.jpg




現台東区下谷に逢った居酒屋店内

d0195637_8535178.jpg


9月のオープした乾物屋

d0195637_855594.jpg



本日9日も開催しています、、、、墨田区は市松人形と藍染が出ます。(入園有料)
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2011-10-09 08:59 | 催し物・お知らせ | Comments(0)