押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

『羽根の禿』面相描き

久々に大物の面相描きです、、、、、、、可愛らしい顔の『見立て』といわれる物にします。

顔の見当となる型で眼と口を刷り込みをします。

d0195637_8591793.jpg


d0195637_8593538.jpg



d0195637_9144716.jpg




最初に鼻を描いて全体のバランスを整え順に描いていきます。

d0195637_921068.jpg


d0195637_92499.jpg



そろそろ完成です。

d0195637_933399.jpg


この写真では中々微妙な色合いが出ていませんが濃い色から段々薄い色をかけていって濃淡を出したりします。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-31 09:07 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 07月 29日

第35回隅田川花火大会

今年で35年を迎える隅田川花火大会です。私が高校一年の時『復活』したと記憶があります。

第一会場、第二会場の合計は20,000発で東京で最も人気のある花火大会です。
東京スカイツリーの開業に伴い多くの観覧者が来ることでしょう!

今年も家族三人で台東区の先輩のお宅に呼ばれまして行って来ました。

d0195637_10482686.jpg


まずは7時ごろに第一会場がスタート、、、、、、

d0195637_10497100.jpg



続いて7時30分に第二会場が始まりました。スカイツリーもライトUPです。

d0195637_105153.jpg


船上からの打ち上げシーン

d0195637_10521911.jpg



ど迫力、、、

d0195637_10523297.jpg


夏の夜の楽しいひと時でした、、、、、、
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-29 10:55 | 我が家日和 | Comments(0)
2012年 07月 27日

花火の準備

昨年は東日本大震災の影響で8月に延期された『隅田川花火大会』ですが、今年は例年通り
明日28日に行われます。

隅田川の台東区・墨田区両岸は柵が出来ていて準備は万端です。白髭橋~両国橋あたりまであるのでしょうか?

d0195637_9142742.jpg


d0195637_9143771.jpg




また、8月1日~3日までは東京スカイツリー下のソラマチ一階では墨田区が主催する『盆踊り』が
有るようです。これも何か楽しみです。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-27 09:10 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2012年 07月 26日

『禿』の上絵は牡丹で、、、

体の押絵が出来ました、、、、、上絵を描きます。

d0195637_8252172.jpg


衣装の模様は『牡丹』しました。『桜』や『梅』と違い大輪なのでバランスが重用です、、、、、
とかく上絵は一型の中に入れようとすると出来上がりの模様が小さくなり見栄えがしません。
一型の方が仕事はやりやすいですが大きく見せるには型をまたがせて描きます。

まずは胡粉にて牡丹の輪郭を描いていきます。

d0195637_8322395.jpg



次に金色の絵具をのせます、、、、、本物の衣装は刺繍なので絵具も盛り上げ気味で立体感を出します。

d0195637_837792.jpg


金線の中に胡粉を入れ更に盛り上げます、、、、、その時、少し布地の赤を残し、より立体感を出します。

d0195637_8403160.jpg



今回は牡丹が三つそれぞれ彩色違いに、蝶結びの組紐、梅を描きました。

d0195637_8433161.jpg


d0195637_8435765.jpg



完成しました。

d0195637_8444842.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-26 08:45 | 仕事場 | Comments(2)
2012年 07月 25日

フリーペーパー、、、、

いつだか取材された印刷物が送られてきました、、、、最近よくあるフリーペーパーです。

隅田川を中心とした台東区・墨田区のマップですがよくできています。

表紙に聞き覚えのない言葉、、、、城下町ならぬ、、、、、『塔下町』、、、今後使えそうな言葉です。

d0195637_8451956.jpg


しかし、何処に置いてあるのかを聞くのを忘れました、、、、、、

今週も取材が三つ程あります。スカイツリーが注目されその周辺の物作りが注目されているようです。
羽子板の取材は前までは9月以降がほとんどでしたが昨年あたりから一年を通じてよくあるようになりました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-25 08:42 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2012年 07月 24日

親子歌舞伎教室

昨日は、夏休みの恒例となっている国立劇場の親子歌舞伎教室に母子で行って来ました。

今年の演目は片岡愛之助丈が演じる歌舞伎十八番・『毛抜き』です。

親子の鑑賞が多いこの舞台ですが劇場ではゆるキャラの『クロゴちゃん』がお出迎えで盛り上げます。

d0195637_8252624.jpg


座席は一階中央前から六列目、、、、

d0195637_8274428.jpg


今回の歌舞伎の解説は女形の化粧と着付けだったそうで女形大好きな娘は興味津々だったようです。
イヤホンガイドも子供向けがあり理解しやすくなっています。

料金もお安くなっていますので夏休みお子さんと一緒に日本の伝統芸能を堪能してみてはいかがでしょう!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-24 08:34 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2012年 07月 23日

スガ植えの道具

私が使っている『スガ植え』の道具をご紹介します、、、、、、特に大したものは使いませんが、、、、

右からハンディータイプのアイロンです。熱をかけスガ糸を伸ばしますがそれにより艶が出てきます。
今では売っているかどうかわかりませんが使ってから25年は経っています。

そしてカットバサミ、、、、ステンレス製なので錆びません。

ツゲ櫛は年代ものですが押絵の師匠の形見の品です。

d0195637_8514486.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-23 08:52 | 道具 | Comments(0)
2012年 07月 20日

スガ植え、、、

関東地方は例年より早く梅雨が明けまして連日猛暑になっていますが今日はどーしたことかかなり寒いです。

仕事の方はスガ植えに入っています。このスガ植えですがいつもの手法とは違うやり方で行っています。

糊しろなしで包み、後から糊しろを別につけます。一手間掛けますがこの方が鬘のボリュウムが出て
顔との高低差があり見た目に迫力が出てきます。大物二尺五寸(75センチ)級の女物にはこの手法で
行っています。押絵の方を習った師匠から教わりました、、、、、、、三十年前からこの仕事を初めて
教わった方は現在の父鴻月より歳が上の方ばかりで昔の技は私も伝承しています。


d0195637_95683.jpg


d0195637_952739.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-20 08:51 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 07月 17日

仕事を開始、、、、

今年の上半期は何やら忙しかったが気が付けば7月も半ばになってしまいました。
梅雨明けが待ち遠しいが東京は連日猛暑になっています。九州地方の豪雨は心配ですね、、、、

さて次の仕事ですが、二尺五寸(75センチ)の羽根の禿の製作を始めました、、、、、
今年は年頭から豆板をかなり多く作っていましたが今度は大物です!かなり大きさ、仕事の内容にギャップがありますが頑張ります。

ずいぶん前に一度作ったことがあってその後何度かリクエストも有ったのですが今回複数の依頼がありまして
やってみることにしました。

二尺五寸物です、、、、材料は最上級の物を使ってみました。

d0195637_8582848.jpg


ただ、、、、一つ心配でクリアできていないものがありまして、、、、、それは禿の簪。
以前は専門の簪屋がいたのですが近年廃業されました。そこで我が家では女房がつまみ簪を製作し
使うことになりましたが禿の簪や姫簪は特殊な物ですので家で出来るか???見切り発進です。

とりあえずつまみ簪も急遽製作開始

d0195637_941191.jpg



面相も久々に大型を描く

d0195637_10501184.jpg


d0195637_10505799.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-17 09:06 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 07月 13日

仕事の鋏を紹介

先日、仕事の鋏を研ぎに出して上がってきたので私が使っている鋏類を
ご紹介します。趣味で押絵をやられている方も多いのでこれから少しずつ道具類も
お見せしようと思います、、、、、、、、でも、押絵の場合はたいした道具は使ってはいないですが。

左から三本は長太郎製のラシャ鋏です。布地を切る専門の鋏で長さも違います。
金襴や薄い絹も切るのでこの長太郎製は布地が逃げなくよく切れます。

右の鋏はボール紙を切る専用の鋏で持ち手は大きいが長さはかなり短いです。小回りが
利くようになっていて私の押絵の師匠の形見の鋏です。

d0195637_8345151.jpg


続いて左の二つは糸切り鋏でこれも長く使っています。亀戸・吉實製で先が利いて薄い絹地も
よく切れます。糸切り鋏としては高価な物です。

右の二つは髪の毛を(スガ糸)切る専用のカット鋏です、、、理容師が使っている物で剝き鋏は
鏡獅子などのかつらのカットの時に使用します。

d0195637_8433518.jpg



だいたいこれだけの鋏類を使い分けて仕事をしています。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-07-13 08:47 | 道具 | Comments(0)