押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 28日

辰五郎の顔の組み上げ

面相が出来上がり鬘を付けて鉢巻をしまいた、、、なかなかいい感じです。

d0195637_8544397.jpg


体も出来上がっているので最終組み上げをします。しばらくして新しい板が来ましたので打ち込みして
完成となります。お楽しみに!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-28 08:57 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 08月 25日

大江戸まつり盆おどり大会

昨晩は中央区の浜町公園で行われている『大江戸まつり盆おどり大会』へ家族で行って来ました。

我が家ではこの時期毎年恒例になっていまして妻子も楽しみにしています。

d0195637_935063.jpg


d0195637_941159.jpg



野球場が面会場ですがその周りには全国各地からのテナントショップが軒を並べています。

d0195637_954823.jpg


球場内は中央区の各町会のテントの模擬店が所狭しと並んでします。

そしてこれが櫓です、、、地上三階巨大です、、、、何人乗って踊れるのでしょうか?

d0195637_985875.jpg



老若男女一つになって踊ります。ここ数年盆踊りの曲目も増え様々な曲が流れます。
80年代アイドル曲や洋楽などなど、、、、、でもほとんどの参加者が踊れるんですよね!練習会も
各所で有るようです。

d0195637_914487.jpg


また、プロの民謡家も毎年来ていて生声で歌ってくれるのもここの特徴でしょうか、、、、

d0195637_916152.jpg



いずれにしても都内有数な大規模な盆踊りです、、、、、、本日も6時半より開催してますので!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-25 09:18 | 我が家日和 | Comments(0)
2012年 08月 23日

め組の上絵?

通常上絵とは着物の模様の花などを描きますがめ組は少し変わった物を我が家では描きます。

それは、、、、、火消し半纏です。現代で言うと消防士の防火服と言ったところでしょうか。
厚手の刺し子になったもので今では最上級の剣道着にみられます。

こんな感じで描いていきます。

d0195637_9144766.jpg


材料屋ではこんな感じのプリント柄の出来合が売っているのですが、、、、、これはさすがにチョット使えません!


d0195637_9171410.jpg



鉢巻の手ぬぐい、、、、、、、豆絞りです。これも出来合がありますが使えません。

実物を見てもらえばわかりますが豆絞りは『水玉模様』『ドット柄』ではありません。

d0195637_924087.jpg


d0195637_9332034.jpg



小道具は鳶口です、、、、、、、町火消は消火活動と言うよりかは類焼を防ぐ為に周りの家屋を壊す
事も大事な仕事でした。鳶口や大きな鋸、木槌などなど、、、、、、下町の簡単な長屋はすぐに壊れた
ようです。

d0195637_930446.jpg



d0195637_931799.jpg



d0195637_9312072.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-23 09:35 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 08月 20日

“すみだ”の熱い夏、、、、、

区内では週末いろいろなイベントがありました。

今年で3回目になる『すみだストリートジャズフェスティバル』は区内大小30か所で
300バンドの演奏があったようです。メイン会場は錦糸公園特設会場でゲストにはプロのミュージシャンも
登場したとか、、、、、、、、大変な盛り上がりでした!

d0195637_855463.jpg


d0195637_856785.jpg



一方こちらは第34回 隅田川盆おどり、、、、、、、墨田区役所・うるおい広場にて行われました。

d0195637_8591527.jpg


暑いのに『おしなりくん』も自分の歌と踊りでは出ない訳にはいきません、、、、

d0195637_911823.jpg



スカイツリー点灯までは時間がまだありましたがご覧と通りのいい感じです。

d0195637_92422.jpg


うるおい広場から見た浅草方面です、、、、、隅田川の川面に涼しさを感じましたが、、、、秋はまだまだでしょうか?

d0195637_993184.jpg


今週末は浅草サンバカーニバルがあります。、、、、、、下町の“熱い夏”です。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-20 09:03 | 向島界隈 | Comments(0)
2012年 08月 19日

辰五郎の面相

面相描きを始めました。

辰五郎は鳶の頭、、、、、荒っぽい中にも品のある顔立ちにしたいのであまり肌色を濃くせずに描きたいと
思っています。この辺の色の調合は微妙なところで絵具は描いて乾くとかなり薄くなりますので気を使う
所です。

粉末の水色の絵具で顎髭や頭の剃りを刷毛で刷り込みます。
勧進帳の弁慶などは濃く太く、武士は品良く、町方は細く濃く、、、、、、、面相は一枚の押絵です、
この作業により顎のラインが出来て立体感を作ります。もみあげ部から顎のラインは丸みを出して!

d0195637_92220.jpg


d0195637_923156.jpg



上塗りをすれば自然にボケてきます。


め組の頭辰五郎、、、、良い男にしなければ!

d0195637_93463.jpg


d0195637_9442.jpg



d0195637_944359.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-19 09:05 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 08月 16日

今年の桐板入荷しました。

桐板が着きましたので早速裏絵描きです。

昨年より少し多目に仕入れました、、、、、、父には少しずつ描いてもらいます。

d0195637_8583158.jpg


d0195637_8591282.jpg





このところ暑い日々が続いていますね、、、、年寄りには厳しい季節です。
食欲もなくなりがちなので暑気払いでたまに外食に出かけます。

一人前をペロリと食べた後に『抹茶白玉あんみつ』を平らげました、、、、、これが本人の暑気払いです。

d0195637_943819.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-16 09:05 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 08月 14日

続いての仕事は、、、、

ここ数日、うだるような暑い日々が続いています、、、、、、
仕事場はもちろんエアコンがありますが何やら集中力が散漫になってきます。

さて、続いての仕事は昨年にやりたかった物でしたが時間がなく先延ばしとなっていました。
今年一月に新橋演舞場、五月に平成中村座において上演された『神明恵和合取組』、、、め組の喧嘩です。

町火消しと相撲取りとの意地と意地のぶつかり合いを描いたものですが私も実は今年初めて
見たもので感動した次第です、、、、、主役のめ組の頭辰五郎がカッコいい!丁度本年は辰年でもあります。

こんな感じの下図

d0195637_9212963.jpg


実は芝居を見て思ったことが、、、、、、羽子板屋の『め組』とは定番でめ組の纏を持った図がほとんどです。
しかしながら芝居では頭で有る辰五郎は纏を持つ場面がない、、、、頭ですから当然か!
『纏持ち』は別にいてこの芝居では藤松と言う人になっています。
ですので、、、、、今まで有る纏を持っため組の羽子板は辰五郎ではないですね、、、、、

そこで、鳶口を持って集まり相撲取りのいる場所に颯爽と出かける辰五郎を作りたいと思いました!

しかし、、、ここで問題が、、、、、、、辰五郎と言えば何と言っても『龍』の彫物、、、、結構難しい。
と言う事で、今までは体の押絵から始めましたが面相、腕の彫物からやることにしました。
腕の龍の彫物が上手くいかなければこの仕事は止めになります。

いつもより長い腕なのでボール紙を二重にし強度を高めます。

d0195637_9335118.jpg



肉色の胡粉をかけた後、彫物の藍色を刷り込みます。

d0195637_936355.jpg


雲龍は刷毛を時計回りに、、、、、

d0195637_938681.jpg



面相描くより難しいかな??

d0195637_9384796.jpg


出来かがりました!まずまずの出来なので~~~~進行し作ることにしました。

d0195637_9402351.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-14 09:41 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 08月 09日

問題の簪です、、、、、、

二尺五寸の禿がようやく出来上がりましたが最後の難関は簪です。

前にも書きましたが羽子板などの簪類を作っていた方が廃業し姫簪などを作ってもらえなくなりました。
通常の簪は女房がつまみ簪で作るようになりましたが大物の簪はどうしようと思っていました。
そこでこのつまみ簪を用いて作ることにしました。

一本のワイヤーに梅の花を付けていきます。

d0195637_8544691.jpg


梅の花を付けた枝を10本作り、、、さらに太いワイヤーでまとめて前簪にしていきます。

d0195637_857896.jpg



中々良い感じにいっていましたが、、、、ここでまた難問が!

禿の簪のてっぺんに梅のつぼみの造花が付いているではありませんか、、、、、困った!
人形材料や浅草橋あたりの造花の店も行きましたが適当な物がありません、、、、、

そこで考えたのは、、、、、これ!

d0195637_91559.jpg


工作用の紙粘土で作ってしまえ~~~という結論です。
米粒ぐらいの紙粘土を丸め細いワイヤーに挿し枝とつぼみを作ります。

d0195637_941965.jpg



胡粉を塗り彩色しテープで枝ぶりを整え最後にニスを塗り光沢を出す、、、、意外と手間がかかりました。

d0195637_964334.jpg


それらを全部組み合わせピラカンを付けると、、、、、、見事に禿の簪が完成しました。従来の紙の物とは比べ物に
ならない出来に仕上がりました。

d0195637_985114.jpg



あくまで羽子板の完成は桐板に付けた時ですが後で合わせてみてブログにupしてみようと思いますので
お楽しみに。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-09 09:11 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 08月 07日

八月花形歌舞伎

昨日は女房と一緒に新橋演舞場に行って来ました、、、、、、

昼の部の演目は『桜姫東文章』、、、、、桜姫を演じるのは中村福助丈、小悪党釣り鐘権助は市川海老蔵丈です。海老蔵丈の悪の色気は大変良かったです。
従来八月は三部制になっていることが多いですが、今回は昼夜共に一幕の通し狂言となっています。

d0195637_955079.jpg


一階席の正面右サイド最後方

d0195637_974546.jpg



歌舞伎辞典によると、夏芝居、盆芝居、土用芝居などとも言うらしいです。江戸期の役者は契約が一年で
あった為年中無休でしたが後に建築構造から夏期の暑中で人寄せが困難で土用休みが行われ、その代り
に若手役者を大役に抜擢し格安の興行で大当たりをとったそうです。演目も季節の涼感をだし水の使用や宙乗り、早変わり、
怪談物が上演され今日に至っているそうです。

夜の部は海老蔵丈は一人十役演じる『伊達の十役』です。まさに今月の芝居は昼夜ともに夏狂言です。

御弁当は女房が一緒なので良い弁当になりました、、、、、

d0195637_929040.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-07 09:31 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2012年 08月 05日

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑い日々が続いていますが皆様方はお元気でいらっしゃいますか?

父鴻月も無事に毎日過ごしております。

今年前半は注文に追われた日々でしたが現在は本来の仕事に戻っています。後半はどれだけ大き目な
羽子板が出来るか?特にお盆休みもなく頑張ります。

d0195637_9501742.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-08-05 09:50 | 我が家日和 | Comments(0)