押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 28日

雑誌が届きました、、、、

今年の夏は例年にないくらい取材が多かった、、、、東京スカイツリーのお蔭だと思いますが。

その中の雑誌が出来たのか送ってきました。主婦の友社の『ゆうゆう』と言う中高年向けの雑誌です。

ご近所の読者が『向島』を紹介すると言った企画です。

d0195637_13361348.jpg


d0195637_1336391.jpg



本日も取材でした、、、、、高齢者向けでサプリメントなどを販売する小雑誌です。

ここでは父鴻月がメインで取材を受けていました。久々の鴻月節です。

d0195637_13415751.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-28 13:43 | 我が家日和 | Comments(0)
2012年 09月 25日

16号弁慶を始めています。

暮れの羽子板市では男物も人気があります。その中でも毎年『弁慶』はよく売れています。
そこで昨年で無くなっていた『弁慶』を作り始めました。普通は20本程一度にかかりますが
この時期からだとやはり時間もないので10本の製作にしました。

d0195637_8582096.jpg


女房は先日描いた裏絵の柄巻作業です。

d0195637_8565758.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-25 09:00 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 09月 21日

こんな裏絵描いてみました。

一通り裏絵も描けましたがこんなのも数本描きました。

『桜』、、、、、、、、現代日本画風にやってみました。

d0195637_8231647.jpg


d0195637_8234518.jpg




こちらは墨の濃淡を基本にした水墨画風の『松』

d0195637_8244364.jpg


ちなみに前回書いた『日の出に梅』は琳派風、、、、、、、

羽子板屋が描く絵です、、、、、あくまで〇〇風です、、、、。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-21 08:28 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 09月 18日

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部

昨日は母娘で新橋演舞場に行ってきたようです、、、、、

先日夜の部を見ましたが今回は昼の部で演目は『寺子屋』、『河内山』となっていて
二人とも楽しみにしていました。

座席は二階の中央

d0195637_821517.jpg


本来『寺子屋』の松王丸は市川染五郎丈の配役でしたが怪我の為休演、、、、代わりに吉右衛門丈が勤めて
おります。女房はやはりベテランの味に感激していました。

『河内山』は小悪党の色っぽさもたっぷりあって吉右衛門丈の格好よさに母娘も播磨屋さんにハマっちゃた
様子です。たっぷり見せてくれる古典の世界は今も昔も人の心に感動を与えますね!

敬老の日に見に行った母娘歌舞伎でした。

その我が家の敬老くんはお祭りが終わり昨晩は鉢洗いで向島の料亭へ、、、、、8時ごろ中座するとの
連絡があったので迎えに行くと芸者さんに手を引かれ玄関までやってきました。

これはこれで最高の『敬老の日』ですかね!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-18 08:36 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2012年 09月 17日

お祭り、、、、その2

昨日は氏子51町会の牛嶋神社への宮入でした。この宮入も五年に一度の大祭だけなので
担ぎ手はいやがおおにも盛り上がります。

南部両国より石原、本所などが第一班、東駒形より太平、吾妻橋などが第二班、そして北部向島、押上、業平などが第三班として順番に宮入りいたしました。

向島は言わずと知れた花街の世界、、、、、、、芸者衆が『手古舞』姿で先導します。

d0195637_8353921.jpg


出発前の神酒所にて、、、、、、

d0195637_837144.jpg



当町会は51町会の内で一番最後の『51番』です。午後一時出発

d0195637_8392070.jpg



長丁場でしたが無事に午後6時半ごろ宮入りしました、、、、、辺りは真っ暗です。

d0195637_8412256.jpg



神社からはスカイツリーも点灯しておりました。

d0195637_842492.jpg


こうして今年の祭礼も無事終了しました、、、、、スカイツリー開業の年が大祭だったのは何かの縁でしょうかね?

西山鴻月91歳の祭りでした、、、、、おっと、、、、こんばんは鉢洗い(打ち上げ)に向島の料亭に行くらしい!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-17 08:47 | 向島界隈 | Comments(2)
2012年 09月 15日

牛嶋神社大祭

今年も祭礼の時期がやって来ました、、、、、、

言問橋東詰に有る『牛嶋神社』は北部は向島から本所、東駒形、そして両国まで50町内を
氏子に持つ神社です。スカイツリーのある押上・業平も氏子に当たります。

今年は5年に一度の大祭で各町会は例年になく盛り上がっています。
昨日は宮司一行による牛が引く『鳳輦』(ほうれん)渡御がありまして当町会にも来ました。

d0195637_8522771.jpg


d0195637_8541415.jpg



生粋の江戸っ子である父も老いてはいえ血が騒ぎます、、、、、正装でお出迎えです。

d0195637_8553921.jpg


本日は子供たちの神輿が町内巡行で明日は50町会の神輿が牛嶋神社境内に集まり宮入りとなります。

牛嶋神社本殿、、、、、左右にある提灯は氏子町会の数を表しています。

d0195637_8474313.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-15 08:59 | 向島界隈 | Comments(0)
2012年 09月 14日

 二尺五寸は『日の出に梅』

裏絵は二尺五寸に移りました。先日できた『羽根の禿』裏絵は「日の出に梅」にしたいと思います。

d0195637_821756.jpg


d0195637_8211299.jpg



板も少し余分に取っておいてありますのでその都度何か描いてみようかと思っています。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-14 08:23 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 09月 12日

私がやることに、、、、

父は八月の末より裏絵描きに入りましたが、ここまでの暑さのせいでしょうか
進みません、、、、、ので、私がやっちゃうことにしました。

まずは16号から初めまして20号、25号へとなります、、、、何本かは特別な裏絵を描こうと思います。

d0195637_8234332.jpg


d0195637_8245095.jpg



女房は豆羽子板の裏絵描きと柄巻を始めています。今年は豆羽子板の特注が多かったので大変でした。

d0195637_8264899.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-12 08:27 | 仕事場 | Comments(4)
2012年 09月 08日

豆羽子板『勧進帳』

豆羽子板の『勧進帳』が出来上がります。

この時期なので枚数は半分にして早めに仕上がりました、、、、、それと、、、、、、
前に余計に描いてあった面相がありましたのでそれを使用しました。
いつも多めにやっておいたのが忙しいときにはありがたいです。

d0195637_855217.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-08 08:55 | 仕事場 | Comments(0)
2012年 09月 04日

秀山祭九月大歌舞伎

昨日は父、女房、娘の四人で新橋演舞場に行って来ました。

今月は今年で七年目になる『秀山祭』、、、、初代中村吉右衛門丈の芸を継承する目的で始まりました。
この秀山祭は歌舞伎本来の古典を中心に行われ年に一度楽しみにしている方も多いと思いますが
父と私もその一人です。

d0195637_8311654.jpg



d0195637_8264737.jpg


夜の部の観劇で席は二階中央です。

d0195637_839115.jpg



d0195637_8275131.jpg



d0195637_8281188.jpg


一幕目は『時今也桔梗旗揚』(ときはいまききょうのはたあげ)
明智光秀が主君織田信長を本能寺で討つまでのお話です、、、、、重厚感ある時代物です。
幕引き後、、、、、、、、『これが芝居だなぁ~~、、、』とポツンとつぶやいた父の一言が印象に残ります。
本人も16歳の時に初めて歌舞伎を見に行った時が初代吉右衛門丈だったそうで感無量だったのでしょう!

楽しみなお弁当、、、、、

d0195637_8393938.jpg



さて、二幕目は打って変わって舞踊、、、長唄の大曲『京鹿子娘道成寺』、、、、、、、

この道成寺も大変父は楽しみにしていました、、、、、元気で劇場に行けるあいだに見てみたいと。
念願かない今月見ることが出来ました。相務めるのは中村福助丈、、、、、、、
今回の秀山祭は、昨年この舞台が最後になった七世中村芝翫丈を偲ぶ事もあました。

d0195637_8483726.jpg


『押し戻し』まであった為通常の『道行』はカットされ福助丈が白拍子花子からの登場です。
踊り方も幾つかあるようですが当然『成駒屋型』なのでしょう!さすがこれから女形を引っ張っていく
御一人、、、、、艶っぽく、抜群の安定感があります。父も大喜び!皆な大喜び!

西山家四人、、、、、楽しませていただいた今月の歌舞伎でした。

この舞台に出演予定だった市川染五郎丈ですが八月末の舞踊会で大けがをされ休演んと
なりましたが早期ご回復を心よりお祈り申し上げます。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2012-09-04 08:59 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)