押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

豆板『河内山』出来ました、、、、

本題は『天衣粉上野初花』(くもにまごううえののはつはな)出来ました、、、、、、

しかし、これを父鴻月に知らせて見せたところ、、、、、一言『豆板の河内山かぁ~~良くできたねー、、、、、
でも~~昔っから坊主は売れないんだよんぁ~~~~あっっはははぁ~~、、、、』
それを横で聞いていた言い出しっぺの女房は膝から崩れ落ちていました、、、、、、、

それでも出来上がってしまったので何とか更に一ひねりして付加価値を高めようと女房に
相談されたのですが、、、、、、、、、考え付いたのは劇中河内山が松江家上屋敷の玄関先の舞台でした。
そこには『紗綾型の襖』、、、、、、手間はかかるが早速女房に型を彫らして刷り込みをさせました。

d0195637_9294674.jpg


そして完成したのが、、、、、、、、、左は最初にやったもの、、、右は紗綾型のもの、、、、さてどっちがいいか?羽子板市が楽しみ!

自分で言うのも変ですが良くできたと思いますよ!

d0195637_9321497.jpg



ひと段落したので暑くならないうちに家の片付け物もしないといけないなぁ~~、、、、、
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-30 09:35 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2013年 06月 27日

『河内山』の面相描き

いよいよ、、、、問題の面相描きです。坊さんを描くのは初めてなのでどうなることか?

いつもの通り下塗り、刷り込み、上塗り、、、、、、

d0195637_843831.jpg


d0195637_843048.jpg



ここが大事、、、、坊さんは鬘部(かつらぶ)の髪の毛がないので顔と頭部のバランスが上手く
描かないとダメなんですよね!

d0195637_8453959.jpg


d0195637_846257.jpg



最後に顔の輪郭に合わせて頭部に濃くもなく、薄くもない水色で描いていきます。

d0195637_8473867.jpg


トレードマークの左目下に『ほくろ』を描きますが、羽子板なので薄めで少し小さく描きました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-27 08:49 | 仕事場 | Comments(0)
2013年 06月 25日

学生とのコラボ、、、、

毎年羽子板市では東京芸大生とのコラボ作品のコーナーが出来ます。

今年度も例年のとおりデザイン製作の依頼のため組合長以下三名で押絵の工程や羽子板市の説明に
行って来ました。

d0195637_1030433.jpg


d0195637_10321362.jpg



今年はどんな作品が出来るか楽しみでもあります。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-25 10:33 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2013年 06月 23日

体が出来ました、、、

うまい具合に朱色の良い生地がありましたので使ってみました、、、、

男物では派手な部類に入る衣装となりました。

d0195637_917338.jpg


ここで問題が一つ、、、今回の小道具ですが宗俊が持っている『数珠』はどう作ろうか?
悩んだ結果言い出しっぺの女房に一任したところ浅草橋で材料を調達し見事な数珠を
作ってきました。

d0195637_920343.jpg



あとは面相だなぁ~~坊さん描けるかなぁ~~?
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-23 09:22 | 仕事場 | Comments(0)
2013年 06月 20日

女房の一言から、、、、、、

平日の午後は女房といっしょに数時間仕事をします。
仕事のこと、生活のことなどいろいろと話しながらの仕事です。

先日、『連獅子』が終わったのでそろそろ大きな羽子板の製作を考えていましたが、女房から
『河内山』を作ってほしいと言う無謀なリクエストがありました、、、、、、 私の中で豆板『河内山』=『坊主』=売れるの?(かなりマニアック)
と言う計算が頭の中で駆け巡りました、、、、

昨年の羽子板市、、、、、我が家の羽子板を確か40年で40本のい豆板を揃えている方にお目にかかりました。
10本、20本揃えている方はかなり多いですがさすがに40本と言う方は初めてでした、、、、、
そんな方の41本目に作ってみるかと言う気持ちになり先日のソラマチ内『まち処』で少し時間が有ったので
下図を描いてみたところ何とか形になったので作ることにしました。

今までにもあまり見たことのない豆板に挑戦してきましたが『河内山』はそれにもまして珍しい豆板に
なるでしょう!  限定20本、、、坊さんの面相描けるのかなぁ~~?

d0195637_8553957.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-20 08:57 | 仕事場 | Comments(0)
2013年 06月 16日

“すみだ”の祭り

6月に入り墨田区内でもお祭りが始まりました、、、、、

先週末は我が家からもほど近い東向島にある『寺島総鎮守・白鬚神社』と押上にある『寺島新田鎮守・高木神社』へ行って来ました。

まずは白鬚橋にほど近い『寺島総鎮守・白鬚神社』、、、今年は三年に一度の大祭との事でした。

d0195637_16523540.jpg


本社神輿宮出し

d0195637_16532071.jpg



d0195637_16534395.jpg


この神社の氏子地域は町会等ではなく『〇〇図子』となっているようです。

d0195637_1655863.jpg



続いて『寺島新田鎮守・高木神社』

d0195637_1657545.jpg


d0195637_1657278.jpg



本社神輿

d0195637_16581413.jpg


この二つの神社の氏子地域は『旧寺島』である、、、、、この『寺島』という地名は墨田で最も古い地名で有ったようです。

室町時代以前中世から寺島の村落は形成されと言われています。寺の存在が村名となりました。
江戸期には江戸近郊の名所と共に消費都市江戸の台所をまかなう近郊農村として生鮮野菜の供給地
としても知られ名物『寺島なす』の有名な産地でありました。
その後、文人墨客の住まいも多く、江戸期の歌舞伎役者の尾上菊五郎家も一時住んでいたそうで
その地名を苗字にしたとも言われています。

昭和40年町名改正の折、、、、、想像ですがすでに有名になっていた『向島』に東を付け現在は『東向島』
となっています。今では区立小・中学校にその地名が残るだけとなりました。せっかくの由緒ある地名だけに
残念です。



さて、この土日は墨田区でも北部にある『隅田川総鎮守・隅田川神社』と『隅田稲荷神社』のお祭りです。

こちらも自転車で数分ですので行って来ました。実は私しこの地に生まれてこの二つの神社付近には
足を踏み入れたことがなく、、、、最近になって知った次第です。

まずは『隅田川総鎮守・隅田川神社』、、、白鬚橋を北に進むとすぐにあります。

堤通りには鳥居があり参道になっています、、、、後ろは通称『白鬚防災団地』
関東大震災、東京大空襲で壊滅的被害となった墨田区ですが防災を考えた団地です。有事には鉄の
扉が閉じシェルターとなります。

d0195637_186473.jpg




団地をくぐり抜けしばらく行くと神社があります。

d0195637_17275069.jpg



d0195637_17282257.jpg


d0195637_17285618.jpg



この神社の創建は不詳であるが鎌倉時代に源 頼朝下向の折、無事に渡れたことに感謝し『浮島神社』と称していたが
後に創建したと言い伝えられている。当時この辺りは川の流れも穏やかで川幅も無かったので渡りやすかったと
聞いたことがあります、、、、、ゆえに寺島地が村落として最初に根付いたのかも知れません。

水運の導きとして狛犬ではなく、、、、、『亀』、、、、社紋は『亀甲に水』

d0195637_1875453.jpg


流石に『水神』らしく、、、碇も有ります。

d0195637_1895167.jpg



歌川広重の『隅田川水神の森真崎の図』にも描かれています。




しかし、、、境内に入っても『神輿蔵』がない????
聞いてみるとここから更に北に進み墨田四丁目の『香取神社』にあると言う、、、、せっかくですので更に
自転車をこいで行ってみました、、、、東武鐘ヶ淵駅近くになります。

そして見てビックリの『大神輿』、、、、、すみだの地にこんなに大きく立派な神輿が有るとは、、隅田川総鎮守だけに水運業者や船宿などの信仰そして奉納が絶えなかったのか?
また、水神の名から水商売の人々にも信仰されていたそうです。


d0195637_17491370.jpg


大祭でないと大神輿は出ないようですが中神輿でも結構な大きさです。

d0195637_17533013.jpg



そして同じ日、、、、ここからほど近いところに『旧隅田村鎮守・隅田稲荷神社』があります。(随分迷いました)

d0195637_18164382.jpg


d0195637_18171529.jpg



d0195637_18184985.jpg


この神社は室町期に戦で敗れた江川善左衛門がこの地に落延び農地開拓をし村落を形成した
と言われ開拓の祖である彼を祀ったとされています。京都伏見稲荷大臣の勧請して氏神としたそうです。
開拓の印でしょうか社紋には稲をあしらっているようです。

d0195637_18265575.jpg



立派な本社神輿です。

d0195637_18253581.jpg



ここの神輿には特徴が一つ、、、、、、江川善左衛門開拓の物語をあしらった『万燈神輿』

夜には灯りが入ります。『万燈神輿』発祥の地だそうです。

d0195637_18295754.jpg



d0195637_18303725.jpg


この二週間“すみだの夏祭り”を見てきました、、、、、特に北部地域の『隅田川神社』、『隅田稲荷神社』は
始めて行き、初めてお祭りを体験しました。近年マンションや新築一戸建てが増えている中、町工場や昔からの住民が『お祭り』より一つになっていく様子は素晴らしいものがあります。神社は浴衣や半纏を着た子供たちで賑わっていました、、、、、もしかしたら中央部よりそんな子たちが多いかもしれません。

両国や本所と言った現在の中央部は江戸期の『明暦の大火』以降に回向院を中心とし集落が形成され
大名の下屋敷等が建ちました、、、、、それよりはるか前より寺島・隅田では村落が形成され人が生活して
たことを考えると、、、、、それぞれ別な文化の歩みが存在する街、、、改めて『すみだ』に誇りを持てました。

『隅田川神社』(香取神社)の神輿蔵で写真を撮っていたら、、、、、お祭り姿のおじさんが寄ってきて、、、
『どぉ~~ここの神輿は、、、、、、他の神輿と比べて、、、、、』と、、、、、何やらその口調から私が神輿専門で
写真を撮っている人に見えたらしい、、、、、、私はすかさず『素晴らしい神輿ですね~~墨田区にこんな
立派な神輿が有るとは今の今まで知りませんでしたよー』と答えると、、、おじさん、、“にやり”、、その笑顔が
忘れられません、、、、、誇りを持った笑顔でした。来年は大祭でこも大神輿が出るようです、、
是非行ってみたいな!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-16 17:54 | 向島界隈 | Comments(0)
2013年 06月 15日

豆羽子板『連獅子』

連獅子を打ち込み完成させました、、、、、数は30本ずつです。

着物の模様(上絵)のないものですが鬘にはやはり時間がかかります。
私は先人から教えてもらった物や他の物を見ながらこのやり方が一番良いと思って毛を植えています。
毛が多いとお化けのようになりますのでその量が微妙です。

d0195637_8571140.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-15 08:57 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2013年 06月 14日

子獅子も出来ました、、、、、

子獅子の方も30枚出来上がりました、、、、、、、

d0195637_1116328.jpg


この連獅子は元々在庫がありませんので早速数本打ち込みます。

d0195637_11172836.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-14 11:18 | 仕事場 | Comments(0)
2013年 06月 13日

四月に取材された雑誌が、、、、

四月ぐらいでした取材を受けましてその雑誌が出来上がり送ってきました。

d0195637_8482496.jpg


21人のイラストレーターが絵とエッセイで綴る美術館とその周辺の紹介です、、、、、、美術館???

名だたる美術館、、、、、国立西洋美術館、ブリジストン美術館、奈良国立博物館、江戸東京博物館等々
と一緒に、、、、恐るべし『羽子板資料館』。作者は何故ここを選んだのか?

隅田川やスカイツリーを中心とした今最も注目されている向島周辺スポットをキャラクターの猫が絵地図でご案内します。

d0195637_8575074.jpg



楽しい『美術館さんぽ GUIDE』です。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-13 09:00 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2013年 06月 12日

親獅子が完成しました。

ようやく親獅子の方が完成しました、、、、、、、

d0195637_8345533.jpg


もうすぐ子獅子も出来上がります。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2013-06-12 08:36 | 仕事場 | Comments(0)