<   2014年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

上野へ、、、、

先日展覧会を見に上野に行って来ました、、、、、

東京都美術館で開催している『世紀の日本画』展です。

d0195637_836267.jpg


解説によると大正3年に日本美術院が再興されてから100年が経つということを記念し創世記から現在
までの院展を彩った名作の数々を前期・後期と二回に分けての展示となっています。残念ながらこのところ
忙しかったので前期は見ることが出来ませんでしたがやっと後期の作品展示を観ることが出来ました。

展覧形式は『歴史・花鳥・風景・幼想・人物』などを第7章に分けて実に日本が100年の歩みを作品を通して
観ることが出来ます、、、、、

江戸時代以前琳派の装飾的、、、、巻物などの異時同図法から近代日本画は絵画の技法ではなく
精神的な内容の表現手段として新たな道を歩んできたと解説されています。岡倉天心によって創立した
本院の志は現在も『復興院展』の名で親しまれ継続されています。

d0195637_8583912.jpg



私はこの展覧会を観に行って単に日本美術の歴史の素晴らしさと言うよりは絵画の精神的な素晴らしさに
感銘を受けました。今回精神的に大変勉強になった展覧会でした。こんな思いを今後自分の仕事に
生かせればまた少し変わった羽子板も出来るような気がします。

周辺では平日にも関わらず多くの花見見物の方々で賑わっていました、、、、、春休みだし
動物園も大賑わい!、、、、、そんな風景を横目に帰宅しました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-30 09:07 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2014年 03月 29日

上絵から始めます、、、、

三番叟の押絵部が出来上がりましたので仕事は絵の方に変わります。

面相、、、上絵どちらから先にやろうと考えましたが、、、、なんとなく上絵を選択!

昨年25号の三番叟製作にもUPし記憶が新しいと思います。ほとんど同じ工程・デザインですが
またUPしてみます。

まずは、、、、金線にて輪郭を取ります。本来の三番叟の衣装は着物の後ろに鶴の頭部、、、、
大袖に羽根が刺繍されていますが羽子板ではそれでは見栄えがないので大袖に鶴の頭部を
描きます。

d0195637_8473381.jpg


d0195637_847574.jpg



金線の輪郭を取った後その内側に胡粉を埋めていきます、、、、、、
この作業、、、この時期はまだ良いのですが真冬の場合膠で作っているだけに寒さで固まり大変
仕事がやりずらくなります。三番叟は上絵の中でもかなり大きく描きますので手間がかかります。

d0195637_8562688.jpg


d0195637_8564654.jpg



胡粉が埋め終わりました、、、、、ここで大事なことは布地の黒が透けて見えないように胡粉の濃度を整えま
す。
それと金線と盛った胡粉の間に布地の黒を1ミリ、2ミリ残して埋めます、、、、そうすることにより、より
上絵として見栄えが出てきます。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-29 08:48 | 仕事場 | Comments(0)
2014年 03月 26日

おめでたい1日でした。

昨日は今期の最高気温にともない東京の桜の開花宣言がされました、、、、、、

そんな中、娘の卒業式が行われ参列してきました。

これは先日小学校生活最後の朝、、、、最後のランドセルでの登校シーン、、、、

d0195637_9422967.jpg


卒業式には羽子板屋らしく母子思い切って和装にしてみました、、、、、他に二名の児童も着ていまして
この小学校初の試みらしいです、、、、、、式に華を添えた形となりました。

卒業生の一言は夢と希望に満ち溢れていました、、、、我が子の成長と思い出に涙するの保護者
だけでした。考えてみれば私もそうだったかもしてません、、、、彼らの将来に幸多くなることを祈ります。


d0195637_943694.jpg





その後、、、3時から職人仲間(先輩)の息子さんの結婚披露宴が有りましたので行って来ました。
息子さんも家業を継いで数年が経ち今では同年代の職人仲間もいるようです、、、、

d0195637_935894.jpg


d0195637_935327.jpg



そんなことで今日は、、、、桜が咲き、門出を祝うおめでたい1日となりました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-26 09:37 | 我が家日和 | Comments(0)
2014年 03月 24日

組み上げ

三番叟の体を組み上げています、、、、

補強の和紙は厚手の物を使うとコテの熱さで焦げて糊が下まで浸透しないので薄くて丈夫な和紙を
使用します。

d0195637_10415372.jpg


まずは組みやすいように順に二つの物を一つに、、、五つのブロックに分けて組み上げます。

d0195637_10473259.jpg



d0195637_104985.jpg


体の部分が組に上がりました、、、、、、この後は三番叟の衣装『鶴』を描いていきます。
しかし、まだ小さなパーツの押絵が出来ていませんのでそれらすべてが出来上がらないと面相や上絵、
小道具類の絵が描けません、、、、、、何故かと言うと絵具は『膠(にかわ)』でといで作ります。
膠は腐りやすいのですべての押絵が出来ないと描いていかれないからです。

押絵と面相を一人でやると手順も考え、また時間もかかります。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-24 10:58 | 仕事場 | Comments(0)
2014年 03月 23日

すみだ、、隠れた桜の名所??

“すみだ”の桜の名所と言えば言わずと知れた『隅田川・墨堤の桜』です、、、、その他にも錦糸町公園や
白鬚公園などが知られています、、、、、、そんな中墨田区北東部に流れる旧中川が有ります。
あまり知られてはいませんが今『河津桜』が満開を迎えていましたので早朝に自転車で出かけてきました。

スカイツリーの手前にあるのはゴミの焼却所の煙突です、、、、

d0195637_9384499.jpg


この旧中川の河川敷は整備されたところで地元の人の憩いの場になっています、、、、
もともと町工場や大きな工場が多い地域ですが今ではマンションが立ち並んでします。
川を渡れば江戸川区になります。

d0195637_941294.jpg



d0195637_942384.jpg


d0195637_9424588.jpg



また、ボートの練習場にもなっているらしいですね~~。

川沿い下部は河津桜ですが、、、上部はソメイヨシノが有りますのでしばらくすると本格的な
桜のシーズンとなります、、、、ただこの辺には飲食店があまりないのでお弁当持参で楽しまれた方が
良いかもしれませんね。

d0195637_947158.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-23 09:48 | 向島界隈 | Comments(0)
2014年 03月 21日

三番叟、、綿入れ作業

三番叟の綿入れを行っています、、、、、、まぁ~押絵なんでいつもの作業ですが、、、、

d0195637_916260.jpg


d0195637_9162639.jpg



綿入れも組み上げ時に支障がないように入れるところはしっかり入れて抜くところは抜き、、、凹凸を
しっかりさせます、、、、、近年は特殊な綿の使用も多く大量に綿入れを行っていることもあるようですが、
その辺の加減ですっきりさせるのも押絵師の腕の見せ所と心得ています。

細い部分は綿を棒状にし、、、、均等に入れていきます。

d0195637_9224155.jpg


こちらはカミさんの机、、、、、、同時進行で『房』を作ってもらってます、、、、そしてつまみ簪の製作も
今から進めています、、、今年は『桃色』の他に新たに『紅白』簪も作ろうと思っています。

d0195637_9245326.jpg



今年は我が家では年度末、新年度といろいろ所用が多くて忙しい日々が続いていまして、、、、、、
なかなか仕事も進みません、、、、、、美術館にも行きたいし~~~~!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-21 09:28 | 仕事場 | Comments(0)
2014年 03月 19日

春のお彼岸ですね、、、、

昨日はお彼岸の入りでした、、、、、普段の春秋のお彼岸には母がお参りに行くのですが
昨日は強風、、、、母も風邪が治ったばかりなので無理をさせず私が行く事にしました。

お墓は台東区谷中にあります、、、普段は車で行くところですが今回は自転車にて向かいました、、、、
(ただ、、、上野の山は少々自転車はきついですが、、、、)
丁度この時期に毎年職人仲間の指物師が組合で谷中のギャラリーで作品展を開いていましたので
覘いてきました、、、、、、

自転車で行くといろいろと寄り道が出来るので楽しいです、、、、この辺は画材屋も多いので覗いてみたり
しました、、、、、今後いい画材が有ればと思いチェックです。

また、谷中と言えば上野寛永寺、、、、、徳川家ゆかりのお寺ですがせっかくなのでお参りしてきました。

d0195637_933631.jpg


d0195637_935867.jpg



今月末にはこの辺も桜の花で賑やかになることでしょう!今度はカメラを持ってじっくり谷中でも
撮ってみたいと思います、、、、、、最近は『谷根千』(谷中・根津・千駄木)と言って東京の新スポットにも
なっているようです、、、、昔ながらの東京が残ってて外国人の宿泊施設や家屋を利用した面白い
お店も多いですよ!

帰りに首都高速向島の入口を通ったら菜の花が咲く始めていました、、、、、桜の開花ももうすぐです。

d0195637_9102680.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-19 09:10 | 我が家日和 | Comments(0)
2014年 03月 15日

20号『三番叟』始めました、、、

昨年で在庫がなくなり、、、しかも注文されている『三番叟』を作り始めました、、、、

羽子板は女子誕生のお祝い、、または歌舞伎好きの方が購入する他、各種お祝いごと、
お土産(海外など)いろいろと用途はありますが、歌舞伎をあまり知らない方でとにかくお正月に
我が家に飾りたい、、、それも女物ではなく男物が欲しいと言われるお客さんも多いです、、、、
その中の選択肢で一番多いのは各サイズとも『三番叟』です、、、、、何と言ってもおめでたいですからね!

10本ほど取り掛かります、、、

まずはら本数分の型取りから

d0195637_8382956.jpg


型数を数えてみたら主要な物で40型、、、、細かいものを合せるとやはり50は超えますね、、

d0195637_8423524.jpg



続いて布割り

d0195637_8405528.jpg


三番叟は全体的に『黒』の装束で着物の模様に色彩豊かな鶴を描きますが地味がちに見える場合が
有ります。
そこで少し派手に見えるように生地の選択は重要です、、、、、今回『黒』の生地も二種類作ってみることに
しました。
艶がある物と艶消しタイプの生地です、、、、さて出来上がってどちらが全体的に見栄えが出るのでしょうか?


d0195637_8492085.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-15 08:50 | Comments(0)
2014年 03月 11日

こんなもの、、、描いてみました。

羽子板の鴻月では出来るだけお客様方にはお礼の手紙などを出すように心がけています。

父もそうでした、、、、、しかし繁忙期にはなかなか時間がなく失礼することも度々あります。
何とかそれを解消するためにいろいろ考えていましたがこんなことを今年からやっています、、、、


d0195637_8482154.jpg


これは初正月や初節句を祝う方の物で右に赤ちゃんのお名前を入れ羽子板の梱包した箱に入れます。
作り手の思いを少しでも伝えたい気持ちからです、、、、年末までは『松』年が明けてからは『梅』が良いと考えています。
実はこの絵は先月歌舞伎を観に行った折、ある場面の家中に有った屏風に貼られていた数枚の
短冊画に有った物を覚えていてそれを自分なりにアレンジして描いてみました、、、こんなことも歌舞伎鑑賞は
役にたつのです。

そしてこちらはお客さんの元へ『春のご挨拶』、、、、羽子板は何もお子さんの誕生祝だけではありません、、、
ご自分にお買いになる方も多くいらっしゃいます、、、そんな方へのほんのお気持ちです。
特に地方からのご注文は電話などのやり取りだけでお顔を拝見したこともない方ばかりです。

d0195637_857289.jpg



気をよくした私は、、、、、五月、六月編も描いてみました、、、、

d0195637_8573938.jpg


菖蒲の絵は男の子に贈る羽子板に添付します、、、、、、

父鴻月は時間のあるときにはよく絵を描いていました、、、、、羽子板作りとは別にまた楽しそうでした。
最近私も美術館に度々日本絵画を観に行きますが勉強になります、、、、もちろん真似などは到底できませんが
それらを参考にして『絵』と『字』によって自分の気持ちを表すことが出来るのは楽しいものです、、、、、

でも、、、、こんなことやってるんで仕事が進まない、、、、、これも事実です、、、、、
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-11 09:07 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2014年 03月 08日

鳳凰祭三月大歌舞伎、、夜の部

昨日は歌舞伎座での夜の部に行って来ました、、、、、、

d0195637_9352752.jpg


今月の『鳳凰祭』興行については以前お話いた通りです、、、、、、

夜の部は河竹黙阿弥作の粋な鳶と小悪党のやり取りを描いた世話物の名作『加賀鳶』、、、、、
歌舞伎十八番の中でも屈指の人気を誇る『勧進帳』、、、、、日本神話を元にした舞踊劇『日本振袖始め・大蛇退治』
三幕それぞれ異なる舞台を堪能してきました、、、、

d0195637_9415637.jpg



二階前方中央

d0195637_9425687.jpg


2010年四月、、、、、歌舞伎座さよなら公演から三年が経ち昨年四月新しい歌舞伎座が新開場をしました。
その間、残念なことに数々の名優の方が他界なされ新開場の檜舞台へは立つことが出来ませんでした。
あれからもうすぐ一年、、、、、、大名代、花形の方々の素晴らしい舞台を展開していただきました。

この新しい歌舞伎座が出来てから私の歌舞伎の見方が少し変化してきたように思います、、、、、、
単なる観劇から、、、、、、この瞬間を『目に焼き付けたい』、、、、、と思うようになりました。
恐らく他界された方々の舞台をもっと真剣に見ればよかった、、、、との後悔からもあると思いますが、、、、

そして今回、、、、楽しみにしていたのは歌舞伎十八番の『勧進帳』です、、、、、弁慶を演じるのは
中村吉右衛門丈、、、、久々に見るような気がします。富樫は尾上菊五郎丈、義経、坂田藤十郎丈と
東西の大名代の共演です。素晴らしい舞台で冒頭でも書いた『目に焼き付ける芝居』となりました。
改めて歌舞伎演劇なかでも屈指の名作と感じさせるものでした、、、、、、


今回の御弁当(少し小ぶり)

d0195637_95908.jpg



最後の舞台は『日本振袖始・大蛇退治』では久々に歌舞伎の舞台を見た中村勘九郎丈が格好良かった!
大蛇役の坂東玉三郎丈との立ち回りは良かったですよ――、、、、、一際大きな拍手が有りました。

当月『鳳凰祭』昼夜とも楽しませていただいた舞台でした。

d0195637_104588.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-03-08 10:05 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)