押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

豆板『暫』の続きです、、、、

先月の半ばから急遽始まった豆板『暫』ですが、、、、、何故急遽始まったかも今となっては忘れています。

良く考えてみれば在庫もなくなったと言うのも有りますが何か新しい額入りのセットを、、、と思って作り始め
たのを思い出しました。

ありがたいことに面相、小道具類は前回多めに作っていたので描かなくても間に合いそうです。

d0195637_931344.jpg


d0195637_933857.jpg



やり掛けの体部を組み上げます。

d0195637_94985.jpg


胡粉にて大袖に『紋』を描きます。

d0195637_9824.jpg


[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-28 09:08 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 02月 25日

お寺巡り、、、、

私は年に数回祖父母の命日など父と一緒に菩提寺に行っていました。(連れて行ったと言う感じですが、、)
祖父は昭和21年没、祖母に至っては昭和8年没ですし宗派すらうる憶えでさほど信仰の心も無かったように
思います。

しかし今回父の事も有ってお寺さんとのお付き合いの中、その距離感が無くなってきたように思います。
一応仏教徒ですので日本人としての最低の事は知りたいと思い仏教の歴史、宗派の歩みなどを少し
調べてみました、、、、、、仏壇の飾り方、正式な数珠の違いや合唱の仕方、、、、いろいろです。

我が家は真言宗で本尊は『大日如来』宗祖は『弘法大師 空海』です。

東京23区内(家のそば)でそんなお寺がないかと調べてみましたら文京区に大本山 護国寺、
関東三大大師の西新井大師がそれに当たります。真言宗豊山派を代表する二つのお寺に出かけてきました。

西新井大師山門

d0195637_14232120.jpg


本堂

d0195637_14245730.jpg



境内の寒桜は見頃です。

d0195637_14255585.jpg


この日は丁度縁日で大勢の方が参拝に訪れていました。私も約30年程前に父と植木を買いに
来た記憶がありそれ以来の参拝となりました。

その次は護国寺です、、、、さすがに山の手です道のアップダウンが多く自転車ではチト辛い道のりです。

山門

d0195637_14304937.jpg



d0195637_14312071.jpg


階段を登ると本堂です。

d0195637_1432992.jpg



d0195637_14384920.jpg


本堂内にも自由には入れるようですのでありがたいです、、、、、そこに座り合掌。

d0195637_1434313.jpg



何故かこのお寺、、、、猫が多いんです。

d0195637_14353429.jpg


平日だったもので人も少なく身の引き締まる重厚な本堂にて静寂にお参りすることが出来ました。

さてさて、、、これからどんなふうに『神仏』と向き合っていきましょうか?

私なりですが、、、、、お寺には『過去への敬い』、、、、、神社では『今への感謝』、、、
そして未来は『天分に生きる』、、、、、、あくまでも私なりです。

有意義な『お寺巡り』でした。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-25 14:57 | 我が家日和 | Comments(0)
2015年 02月 22日

最終組み上げ、、、、

道成寺の組み上げに入ります、、、、、

まずは上部、、、顔に鬘を付けます。

ここの組み上げで大事な道具です。ボール紙を重ねた面相の型でこの上で鬘を付け組み上げます。

d0195637_955879.jpg


d0195637_9552625.jpg



d0195637_9554540.jpg


これを使うことで面相と鬘に段差が生まれより立体感がでます。

d0195637_9585791.jpg



出来上がりました、、、、、、

d0195637_1051469.jpg


この『京鹿子娘道成寺』は背景作りに一手間かかります、、、、、紅白の幕に桜の花を描きます。
ありがたいことに前回多めに作りましたので早速桐板に数本打ち込み店に飾ります。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-22 09:59 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 02月 19日

二月大歌舞伎・夜の部

昨晩はカミさんと二月大歌舞伎の夜の部に行って来ました、、、、

d0195637_9155746.jpg


一番の楽しみだったのは一幕目、『一谷嫩軍記』、、、、久々の上演になる陣門・組打ちです。

全五段からなる源平の軍記物で平家追討の物語になります。主人公の熊谷次郎直実には
中村吉右衛門丈、、、、、息子小次郎・平敦盛には尾上菊之助丈で歌舞伎ならではの源平合戦を
観ることが出来ます、、、、、先代中村吉右衛門の当役としてその名を刻んでいます。

二幕目は清元『神田祭』鳶頭と芸者の踊りが華やかです、、、、鳶頭には尾上菊五郎丈、、、、
芸者には花形女形も交え華を添えます。最後は大ナマズの曳き物の上で見得の形
(大ナマズに要石を乗せ地震封じ、、、、、さすが江戸の総鎮守)
確か今年は『神田祭・400年』だったような気がします。

御弁当は今回少し上等な物を買ってもらいました(嬉しい)、、、、
d0195637_9335361.jpg



三幕目は実に感動した舞台でした、、、、、明治に入り歌舞伎界も新たな演劇を目指していました。
『活歴物』と今回上演された『水天宮利生深川』(すいてんぐうめぐみのふふかがわ)『散切物』です。

明治維新による時代の移り変わりに取り残された元武士を描いた作品で主人公の筆屋幸兵衛には
松本幸四郎丈、、、、、新しい時代に憤りを感じた風刺的な作品で当時庶民には喝采されたと聞いています。
あまりいも苦痛の幸兵衛は幼子と身投げをしますが運よく助け出され周りの人に励まされます。
最後はそんな時代でありながらまだ残る人の『人情』が溢れる幕引きとなりました、、、、、、
また、劇中には舞台左手に清元連中が揃いリズムカルな調子でその場を盛り上げます。
今までに見たことない形式で斬新さがうかがえます。

この舞台を観ていると何か私のご先祖様を観ている気がしまして、、、、、感動の一幕となりました。

d0195637_951283.jpg


昨日は降雪も心配でしたが予報もハズレ無事に帰路につきました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-19 09:53 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2015年 02月 16日

小道具は、、、中啓(ちゅうけい)

道成寺の小道具と言えば『中啓』です、、、、、、扇の一種です。

上質の絹目の金紙を細工します。

d0195637_8455928.jpg


このままでは絵具が乗らないので胡粉の粉を刷り込みます、、、、出来上がったら化粧筆で落とします。

d0195637_8473569.jpg



絵柄は『桜』にしました。

d0195637_8483135.jpg


出来上がり、、、、、、この後はいよいよ本体の組み上げ作業になります。

d0195637_8492223.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-16 08:50 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 02月 12日

普通にスガ植え

道成寺の髪の部分、、、『スガ植え』をしています。

d0195637_9163554.jpg


d0195637_917815.jpg



植えた後は1日ほど乾かし、、、、、コテで包みます。絹を使っていますので落ち着いた光沢になります。

d0195637_919151.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-12 09:20 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 02月 11日

二月大歌舞伎・昼の部

昨日はカミさんと一緒に歌舞伎座の昼の部に行ってきました、、、、、、、

d0195637_1042243.jpg


今年は興行主の松竹さんも創業120周年を迎えるそうです。

一幕目は『吉例寿曽我』、、、、、死が兄弟の仇討ちを題材にした『曽我物』の一つですが大がかりな
舞台展開が見せ場になっています、、、、、最後はおめでたい形で幕引きとなります。この形式美は
やはり『the 曽我』です。

続いては『毛谷村』です、、、、、これも仇討ちを題材としてまして義太夫狂言となります。

三幕目は個人的に来たかった『積恋雪関扉』(つもるこいゆきのせきのと』です。
常磐津の歌舞伎舞踊劇となっています。関兵衛・大伴黒主には松本幸四郎丈、小野小町姫・
傾城墨染・小町桜の精には尾上菊之助丈とベテランと若手女形が見事な舞台を見せてくれます。
舞台映えバランスともに観客を魅了してくれた一幕になっています。

d0195637_1021625.jpg



座席は一階右サイド最後方

d0195637_10231674.jpg


今回の御弁当、、、、

d0195637_10241625.jpg



昨日は父の『百ヵ日』でした、、、、、、せっかくなので写真を懐に入れて観劇いたしました。
残念ながら新歌舞伎座には生前足を運ぶことはかないませんでしたがせめてもの思いです。

恐らく『積恋雪関扉』では昭和の名優二世松緑丈、六世歌右衛門丈を思い出していたのではないかと
思います、、、、、、、、やはり父はお経より長唄、常磐津が似合います。良い供養になった1日でした。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-11 10:31 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(2)
2015年 02月 10日

梅が咲きました、、、、、

各地で梅の便りも聞かれますが我が家の鉢植えの梅も咲き始めています、、、、、

花見と言えば『桜』ですがこれは江戸中期より始まったようで元来は『梅見』でした。

百花に先駆けて咲く梅は気の早い江戸っ子を魅了したのでしょうか、、、、

父も梅が大好きでした、、、、、今日は『百ヵ日』と言う事でその梅を仕事場の机に供えました。

d0195637_8514046.jpg


私が絵を描くとき以外はこの机は空けています、、、、、、良い供養になりました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-10 08:52 | 我が家日和 | Comments(0)
2015年 02月 09日

特別ライティング

毎日夜に仕事場の行き帰り時には必ずスカイツリーを見ますが時々ライティングが変わっていて気になります、、、
『今日は何の日だったか???』、、、、と。。。。。。

恐らく近日週末に行われているのは『バレンタイン』の為の特別ライティングだと思われます。

d0195637_9201685.jpg


最近のカメラは機内でいろいろなことが出来るので少し遊んでみました、、、、、、、

今週末も特別ライティグが行われるようですよ!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-09 09:23 | 向島界隈 | Comments(0)
2015年 02月 07日

金の烏帽子

個人経営者はこの時期は何かと忙しく計算の毎日でしたがそれも一段落、、、、仕事も再開です。

『道成寺』の烏帽子に“箔”を貼っていきます。本金ではありませんが一手間、二手間かけると
良い仕上がりになります。

絞った金紙を押絵として包み
d0195637_964292.jpg


その上に特殊な糊を使い貼っていきます。

d0195637_9104141.jpg



綿で凹凸をまんべんなく押さえてなじませ、、、、

d0195637_9104812.jpg


このまま数日置いて、、、、その後化粧ブラシで余分なところを取り除きます。

d0195637_9125741.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-02-07 09:13 | 仕事場 | Comments(0)