押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 30日

同じく上絵、、、、、

『善玉』と同じ模様で上絵を描いています、、、、、、

d0195637_8392925.jpg


d0195637_8395084.jpg



先日面相も一緒に描いたし、、、、、小道具は前回、余計に作った物も有るし早く出来そうです。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-30 08:41 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 10月 27日

念珠を購入

先日菩提寺の本堂をお参りしてたら念珠が破損しました、、、、、、、
このところ毎日使っていてしかも古いものなのでしかたがないかと思います。

そこで父の法要も近いと言う事で新しいものを購入することにしました。
せっかくなので前から気になっていた『宗派別本式念珠』にしてみました。
(特に信仰深いわけではありません)

d0195637_8593231.jpg


この一つの輪に色々な意味があるとは思いますがとても美しい形です。

手を合わせると、、、、、『心安らかに』なる気がします。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-27 09:06 | 我が家日和 | Comments(0)
2015年 10月 25日

今年も実演に、、、、

近くにある中学校の文化祭に呼ばれ今年も実演に行って来ました、、、、
羽子板の他に足袋仕立て、漆工の3人で皆さんこの中学校のOBです。

d0195637_929983.jpg


“すみだ”の伝統工芸は昔より学校教育に何かお手伝いできないか、、、、、も目的の一つに
掲げ活動しています。スカイツリー開業後経済面に行きがちですが若者だけを対象としたこういう地域活動も
有意義であり仕事を通してメッセージを伝えるのも楽しいものです。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-25 09:35 | 我が家日和 | Comments(1)
2015年 10月 24日

続いて『悪玉』に取り掛かる、、、、

『善玉』に続き、、、、こんどは『悪玉』です。

d0195637_941525.jpg


急いで作らなければ、、、、、

d0195637_951541.jpg


[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-24 09:05 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 10月 21日

まずは『善玉』出来上がり、、、

このところ秋のイベント情報のUPが多くなってしまいましたが仕事場ではやっと『善玉』が
出来上がりました、、、、、、、

まずは上絵描き


d0195637_84943100.jpg



d0195637_850238.jpg


小道具の『扇子』ですが、、、、このサイズでも意外と手間がかかります。


d0195637_8525644.jpg




組み上げて完成です。

d0195637_853329.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-21 08:56 | 仕事場 | Comments(0)
2015年 10月 18日

ちょっと『秋』を描いてみた、、、、

先月小布施に行って来ましたが9月の半ばと言うのに都会とは違いすっかり秋の風景でした、、、、

農家の方々は早朝から収穫に追われ私も実りの秋を実感しました。

そこでチョット筆を取り『秋』を描いてみました。

小布施の名産『ぶどう』『栗』「林檎』などなど、、、、、

小布施では葛飾北斎が好んだと言われる菊を『北斎巴錦』として愛好しています。

d0195637_9474519.jpg


以前は春に伺っていた小布施は遅咲きの桜が綺麗でした、、、、、、、

よく例えに『人生に花を咲かせる』と言いますが、、、、、、、農家の方の収穫の喜びを見ていると
『人生実を結ぶ』で有りたいものですね。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-18 09:57 | 我が家日和 | Comments(0)
2015年 10月 17日

開催中、、、

昨日から「すみだ3M運動スペシャルウィーク」がはじまりました。

サブタイトルは『すみだものづくり探訪』です。

小さな博物館・すみだマイスター・すみだ工房ショップの中でこの試みに特別参加
していただいてる近所の店舗を伺ってみました。期間限定の割引や体験教室も行っています。

まずは『羽子板資料館』

d0195637_15293344.jpg


今回の特別展示は戦前から戦後にかけての押絵羽子板絵師・永井周山作の豆羽子板。
d0195637_1531444.jpg




『向島めうがや』さんは慶応3年の創業で足袋仕立て専門店です。

d0195637_15284616.jpg




江戸木箸『大黒屋』さんは用途や材質に応じ200種類の箸が揃う、、、、

d0195637_12442527.jpg



この夏リニューアルオープンで大きくなった『江戸小紋・江戸更紗博物館』は体験教室も実施しているとか、、、、、

d0195637_15332158.jpg


また、、、、、スカイツリー・ソラマチ5階『すみだ観光プラザ・マチ処・イベントスペース』では
マイスター他による実演販売が行われています。

d0195637_15353777.jpg



d0195637_153622.jpg


この3M運動の目的は3つのMですみだのものづくりを伝え続けています。
近年店舗の増加やリニューアルし区内全地域に増えてきてはいますがそれらの『点』を『線に結ぶ』
事が重要になってきます。皆さんの共通意識をもちながら今後も展開していきたいと思います。

21日(水)までの開催となっています。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-17 15:43 | 向島界隈 | Comments(0)
2015年 10月 15日

この秋話題の、、、、、、

この秋話題の演劇と言えば、、、、、スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』ですね、、、、、、

原作も知らず、登場人物も知らない中、、、、、、、、昨晩観劇に行って来ました。

d0195637_842999.jpg


劇場内は歌舞伎ファン、ワンピースファン、猿之助丈ご贔屓の三つ巴、、、、、今まで体験したことのない
熱気に包まれます。

座席は二階右サイド、、、、、定式幕も登場人物7名のイラスト入り

d0195637_8465688.jpg



歌舞伎でも使われる大劇場の舞台装置を有効に使う演出はそのスケールに驚かせられます。
大セリ、、、、、スッポン、、、、、宙乗りに回り舞台と次々に場面転換、、、、、、、、、

時おり見せる七五調のセリフや立ち回りでの見得など私の様な歌舞伎ファンも楽しめる内容になっています。

また会場内は関連グッズの販売も賑わっており娘の御弁当はコレ!
海賊弁当らしいです。
d0195637_8554817.jpg


最後は老いも若きも観客が一つになり手拍子、、、、拍手喝采で幕が引きます。
通常の歌舞伎より少し長い上演時間となっていますが原作を知らない私でも大変楽しむことが出来ました。

初めて見ましたスーパー歌舞伎、、、、堪能できました!
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-15 09:03 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)
2015年 10月 13日

押絵、、、今、郷愁の世界へ

押絵羽子板の発祥は『江戸』に始まり幕末以降浮世絵師がかかわってきたと言われています。
絵でもなく人形でもなく、、、、、、微かな膨らみにみるその陰影、、、、、それが『押絵』です。

この度、千葉県野田市郷土博物館において『生誕180年 押絵師 勝文斎』展が行われます。

浮世絵の勝川派の流れをくむ四代目勝文斎(かつぶんさい)は人形町に仕事場を構え押絵作業に
従事していたそうです。

野田市は醤油醸造の町として有名ですが明治17年の琴平神社大祭において勝文斎作の
歌舞伎の一場面が描かれた『押絵行灯』が奉納されました。

生誕180年を迎えるに当たりその押絵行灯41点を一挙公開する展示会です。
私も以前実物を見たことが有りますが現在では行っていない芝居の登場人物も多くその技術もさることながら歌舞伎オールドフャン
には楽しめる展示会になると思います。

d0195637_9322357.jpg


d0195637_933266.jpg



そして今回、、、、この展示会に『鴻月・羽子板資料館』所蔵の5代目勝文斎と思われる豆羽子板(10センチ程)
18点が特別に展示される運びとなりました。ある学芸員さんに聞くと大変珍しい物と言われています。
こちらも合わせてお楽しみくだされば幸いです。

近年スカイツリーができて観光地の仲間入りをした墨田区ですが行政の方からは個々で展開している
『小さな博物館』の開館日を増やしてほしいと言う依頼が有ります。しかしながら個人でやっている博物館の
祝休日の開館は負担が大きいのも現実です。
ただ、、、、もう一つの考えでその博物館の内容の充実(貴重な物や展示の入れ替え)、また説明者の
知識向上なども行っていくのもその発展になると思います。現に当館では近年一般の方もいらっしゃいますが
大学の先生、またその学生なども多く来館しています。専門の学術には当然私も及びませんが、
現在本流に沿った職人の話を聞くのは貴重な事と思っていただいているようです。私も小中学生に説明
する内容とは違ってきます、、、、、、

墨田区では来秋『すみだ北斎美術館』、、、、、、四年後には旧両国公会堂跡地に『刀剣博物館』が
オープン予定となり『江戸東京博物館』を含め一大博物館地域になっていきます。
31年目を迎える墨田区の『小さな博物館』制度も郷土文化の一翼にしなければならないと考えます。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-13 09:54 | 催し物・お知らせ | Comments(0)
2015年 10月 11日

両国でこんなイベントが、、、、、、、

昨日、、、、墨田区両国で行われていた『大江戸両国・伝統祭』を見にいって来ました。
今回で10回目を迎える伝統芸能のイベントです。丁度、『回向院』の隣です。

様々な庶民派芸能が次々と登場しますが今回の目玉は何と言っても『水芸』です、、、、、
水を用いた奇術(手妻)でお囃子にのせて見事な芸を見せてくれます、、、、本来屋内でやるのが通例のようですが
今回は特設屋外会場にて行われました。観客からは多くの拍手がありました。

d0195637_9343259.jpg


何故、、、両国か??私の拙い知識では、、、、、、

江戸時代の大火事『明暦の大火』で10万人の犠牲者を出した供養の為現在の両国に『回向院』が
出来ました。
d0195637_9381341.jpg



当時幕府は江戸防衛の為大きな橋は作りませんでしたが(千住大橋だけ)庶民の災害避難経路、
またこの無縁仏参拝に来る庶民の為にも当時『下総の国』と『武蔵の国』に“大橋”を架橋しました。
二つの国にかける橋、、、それが今の『両国橋』です。その後江戸の人口増加の為現在の墨田区も『武蔵の国』に取り込まれ
ました。

大勢の回向院参拝客が来るため『大橋』の両岸は茶屋、芝居小屋、見世物小屋ができ江戸有数の
歓楽街になっていったようです。両国の舟遊び(川開き)には花火も打ち上がりそれは現在でも
受け継がれていますね、、、、、、、

また、両国は『相撲の街』でも有名ですが回向院では江戸期、年春秋に興行が行われるなど江戸相撲ゆかりの地
でも有ります。
『相撲年寄り慰霊の碑』
d0195637_9525243.jpg


まだまだ有ります回向院、、、、、現在の最大の人気が、、、コレ!

天下の大泥棒『鼠小僧』の墓です。
d0195637_954553.jpg



墓前にある石を削って持ち帰る方続出、、、、、金銭に御利益が有るとか??
この『大江戸両国・伝統祭』のシンボルマークが洒落ている、、、、

d0195637_1005735.jpg


d0195637_1012123.jpg



動物の供養塔も有り参拝者も多いのが本院の特徴です。

何故か『愛犬供養塔』に猫が、、、

d0195637_959158.jpg



この『大江戸両国・伝統祭』はかつての両国の地を江戸伝統芸能、辻芸人(大道芸人)によって
復活させる試みとなっています、、、、、、いつしか伝統芸能と伝統工芸でこの地を更に盛り上げる日が
来ると楽しいでしょうね!

さてさてこのイベント本日11日も両国シティコアセンター特設会場で行われる予定です。
雨も心配ですが午後から回復との予報も出ていますので江戸の庶民芸能をたっぷりご覧になっては
いかがでしょうか、、、、、、11時~5時までとなっています。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2015-10-11 10:20 | 向島界隈 | Comments(0)