押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 30日

上野公園をチョット探索

先日、、、、不忍池の蓮を撮影した事をupしましたがその後すぐ帰宅するのももったいないと
思い少し園内を探索することにしました。しかし早朝のためやっていたのは『正岡子規記念球場』での
草野球ぐらいなものでした。

正式名称は『都立上野恩賜公園』、、、、、
明治に入り日本で初めての公園となったそうです。

春の桜は都内有数の名所として知られていますね、、、、、
動物園、各博物館や美術館などの施設も点在し、また東京芸術大学などもあり文化・芸術・教育に
寄与する憩いの場となっています。

しかし、江戸期にはこの敷地全体が徳川家の菩提寺『東叡山寛永寺』として君臨していました。
江戸の初めに天海大僧正が江戸城の鬼門に当たる北東のこの地に建立したそうです。
以後、芝・増上寺と共に徳川家の菩提寺となり6名の将軍が眠っています。

その上野の山には寛永寺の諸堂がありそのいくつかを初めて参拝することにしました。

まずは『上野東照宮』、、、、、、東照宮は家康公を祀った神社でありますが全国各地にも
点在しています。その中でも有名なのは静岡の久能山、栃木の日光山があります。

ちょうど動物園の入場ゲート隣になりますが少しわかりずらい場所になっています。

参道には当時の諸大名が寄贈した石灯篭、銅灯篭があり将軍家の権威が象徴されています。

d0195637_9153964.jpg


『五重塔』もありますがこちらは動物園内の方が身近に見えるようです。
d0195637_9173693.jpg




『唐門』

d0195637_916315.jpg


五年の修復を経て入場料500円で境内に入ることができます、、、、せっかくなのでまじかで参拝!

樹齢600年ともいわれるご神木、、、『大楠』です。近年パワースポットとして人気があるようです。

d0195637_921423.jpg



『拝殿』、、、、、さすがに家康公(東照大権現)を祀るだけあって豪華絢爛

d0195637_9234896.jpg


d0195637_9241484.jpg



d0195637_9244094.jpg


こちらは『唐門』の内部、、、、日光東照宮でもおなじみの『眠り猫』の作者左甚五郎による
『昇り龍』『下り龍』が彫刻されています。

d0195637_9271227.jpg



境内には牡丹園もあり『冬牡丹』が有名です。

続いて向かったのは『清水観音堂』です、、、、京都清水寺を参考にした外観になっています。

d0195637_9325758.jpg


ここで有名なのが近年150年ぶりに再現された『月の松』、、、、、
あの歌川広重の『江戸名所百景』でも描かれている有名な観音堂です。

造作された松の向こうは不忍池の弁天堂、、、、こちらも初めての参拝となりました。

d0195637_9362351.jpg



戊辰戦争では官軍と旧幕府軍との壮絶な戦いがあった上野の山です。私の祖先もこの戦いに
旧幕府軍として参戦したと聞いています。官軍の将西郷隆盛像の裏には『彰義隊』の墓もあり
ひっそりと東京の地を見下ろしています。

最近『国立西洋美術館』が世界文化遺産に登録さてたということで注目が集まっている上野です。

幼少、少年期にはたびたび訪れていた上野公園ですがこの歳になって初めて訪れた場所もあり
歴史的にも奥深い地を再認識した数時間でした。

今日は、、、、『隅田川花火大会』だぁ~~~(^◇^)
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-30 09:52 | 我が家日和 | Comments(0)
2016年 07月 25日

蓮の花を見に、、、、、

上野不忍池の蓮の花が見ごろをむかえているという話を聞きましたので行ってきました、、、、、

少年期まではよく出かけていましたがその頃には無論興味はなく江戸期より有名な蓮の名所
と知ったのは(そう言えば、、、)最近のことでした。その当時の浮世絵にも多く出てくるようです。

蓮の花を撮る条件を調べてみるとまず第一が『早朝』とのこと、、、、、、
蓮は日の出のころより午前中の早い時間帯が最もベストらしく今回も早起きして向かいました。
池周辺ではすでに多くのカメラマンが撮影を開始していました。

d0195637_951130.jpg


蓮の花は開花後、数日開閉を繰り返し四日目に散っていくとのこと、、、、、この不忍池では
7月中旬より8月中旬まで長く楽しめるようです。

d0195637_993872.jpg



d0195637_910220.jpg


d0195637_9102714.jpg



蜜蜂は朝から働き者だ、、、、
d0195637_9104383.jpg


こちらの『つぼみ』はもう一息、、、、まだ大きな葉っぱの下に隠れています。

d0195637_9114742.jpg



d0195637_9123719.jpg


d0195637_9384835.jpg



蓮の花は仏教的にも特別なものとされています。池一面に咲く花と大きな葉っぱが風に吹かれ
ゆらゆらしている背景に『弁天堂』があると何やら『極楽浄土』とはこんな所ではないかと
想像してしまいます。

池周辺を歩いてみると、、、、『弁天堂』

d0195637_9434868.jpg


子供のころは父と訪れボートの漕ぎ方も教えてもらいました、、、、、あの頃よりずいぶん
周辺部も変わりました。

d0195637_9233489.jpg



多くのカメラマンはある程度同じ場所に居座り露出、シャッタースピードや太陽光を気にして撮っていましたが
私は落ち着きがなく短時間のうちに池を二周していました(T_T)/~~~
今後の課題です、、、、、

こういう時はやっぱり明るい望遠レンス欲しいなぁ~~(独り言)

不忍池では近年『蓮鑑賞ゾーン』という橋が架かりまして誰でも身近に鑑賞することができます。
私も絵を描くときにも参考になる時間でもありました、、、、、

まだまだ見ごろは続きますので行ってみたらいかがでしょか、、、、
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-25 09:40 | 我が家日和 | Comments(0)
2016年 07月 20日

上絵の仕上げ

桜の模様の仕上げに入りました。

胡粉で描いたカスミに金色を重ね、、、、、、花びら、葉などは金線で囲みます。

d0195637_993685.jpg


仕上がりましたが全体的にみると布地の半分以上は模様で埋め尽くされます。

d0195637_97666.jpg



次は面相です。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-20 09:16 | 仕事場 | Comments(0)
2016年 07月 15日

上絵の方へ

ここえきて梅雨らしくなってきた東京です、、、、、、『お盆』に入り我が家もご先祖をお迎えしました。

面相か?上絵か?どちらを先にしょうか?先日のブログでは悩んでいましたが下塗りの段階で
上絵の方の絵具を大量に作りましたのでそちらの仕事を選択しました。(単純"(-""-)")

渋紙にて桜の花を刷り込みあたりを付けた後に『つぼみ』『かすみ』などをダイレクトに描いていきます。

d0195637_9145768.jpg


d0195637_9153112.jpg



ここで代表的な上絵の書き方もです。『桜』は渋紙の型により刷り込んだ後胡粉で描き整えていきます。
『藤』はそのままダイレクトに描き、禿(かむろ)などの『牡丹』は金色で輪郭線を描いた後
胡粉にて埋めていきます。


d0195637_922434.jpg


肝心な『桜』ですが染料系の絵具にて花びらをぼかすように着色いきます、、、、、
またいくつかは『ひった模様』にしてみました。

d0195637_9241668.jpg



だいぶできてきました。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-15 09:11 | 仕事場 | Comments(0)
2016年 07月 11日

二年ぶりに、、、、

先日の『朝顔まつり』に続いてこの週末は『ほうずき市』が行われて二年ぶりに出かけてみました。

d0195637_9145619.jpg


観音様のご縁日は毎月十八日ですがそれとは別に功徳日(くどくび)が年間をとおしてあります。
その最大が七月十日(九日を含む)、、、この日に参拝すると四万六千日お参りしたことになります。
今年は土日にも恵まれ大勢の方がご参拝に来られていました。

d0195637_9192525.jpg



d0195637_9195912.jpg


また、今年はそれと同日に国際通りを超えて上野と浅草を結ぶ『かっぱ橋本通り』のイベント
『七夕まつり』が盛大に行われていました、、、、、本年で二十九回を迎えるそうです。
ちなみにこの通りはよくテレビに出てくる合羽橋道具街ではありません、、、、、

d0195637_9235355.jpg



その規模は都内でも有数で飲食の出店もご当地ならではの物や各パホーマンスも充実しており
1日いても飽きないお祭りになっています。

d0195637_9284984.jpg


d0195637_9291391.jpg



沖縄の伝統芸能『エイサー』

d0195637_9301394.jpg


江戸のじゃんけん『東八拳』(とうはちけん)

d0195637_9312562.jpg



お寿司屋さん店舗前ではご自慢の『たまごやき』、、、、長蛇の列でした。

d0195637_9324771.jpg


商店のウィンドにはミニチュアの七夕飾りのディスプレイ

d0195637_934503.jpg



今時ですね、、、当然ゆるキャラもいます。『あいかちゃん』というらしい。

d0195637_9361536.jpg


わずかに二時間程度でしたが楽しませてもらいました。

浅草は浅草寺近郊だけで商店会が数十存在しますから驚きです。
いろいろな催事を見せてもらいますが伝統あるものはもとより比較的歴史の浅い催事に対しても
驚かされることが多いです。地元の方の『心意気』とともに『お祭りにする力』みたいなものが
備わっているように思います。

この春には浅草北部地域(観音裏)の観光事業強化の目的で『奥浅草観光協会』も発足したらしく
今後も楽しみな地域となりそうです。

d0195637_9471978.jpg

[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-11 09:51 | 我が家日和 | Comments(0)
2016年 07月 08日

夏のうれしい頂き物

東京の今年の梅雨は少雨が続いていましてこれから来る夏本番に水不足が心配されています。

先日このブログにもupいたしました入谷の朝顔まつりですが、、、、、、

色とりどり組み合わせの鉢が人気のようでしたがそれより印象に残ったのは宅急便によるお届けの件数です。
取扱業者が忙しくしていました。

そして我が家にも昨日、、、、、、、、

d0195637_9111143.jpg


キターーーーーーー(^◇^)

先代より長きにわたりご贔屓頂いている方より頂戴いたしました。

夏のうれしい頂き物です。

d0195637_9141569.jpg



この夏良い花が咲くよう育てます。

入谷・朝顔まつりは本日最終日です。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-08 09:18 | 我が家日和 | Comments(0)
2016年 07月 07日

どちらを先に、、、、、

体の部分が組み終わりました。

d0195637_8542940.jpg


道成寺ですので上絵の『桜』を描きたいところですが今回大量の面相も描かなくてはなりません、、、

絵具を作るには『膠(にかわ)』が必要ですが気をぬくとすぐに腐ってしまいます。

そこで上絵、面相の下地を同時進行にて行うことにしました。けして高いものではありませんが

膠を煮る少しの手間や材料の無駄は避けたいところです。

d0195637_991087.jpg



d0195637_995775.jpg
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-07 09:11 | 仕事場 | Comments(0)
2016年 07月 06日

久々に『朝顔まつり』に、、、、、

下町の風物詩である入谷・朝顔まつりが本日から三日間開催されている、、、、、、
久々に出かけてみました。

私の子供のころは『朝顔市』と言う名称でしたがその後東京都や台東区の後援を得て『朝顔まつり』
となったようです。

台東区入谷鬼子母神境内やその周辺に屋台が建ち朝から多くの方が訪れていました。

d0195637_851317.jpg


d0195637_8513413.jpg



朝顔の歴史はかなり古いのだが入谷の朝顔が有名のになったのは明治に入ってからのことらしい、、、
この地が土壌に適しており10数件の植木屋がこぞって新種の朝顔を栽培しその品評会が評判となり
東都年中行事になったと記されています。

d0195637_8573641.jpg


d0195637_8581974.jpg



d0195637_8584285.jpg


時代の流れでしょうか朝から宅急便屋が大忙し、、、、自宅お届けか知人宅へかはわかりませんが
手ぶらでお帰りの方も多いようです。

d0195637_954835.jpg



d0195637_961726.jpg


夕方からは鬼子母神前の言問通りが通行止となり一層賑やかになり三日間で数十万人の人出と
言われています。


今週末は浅草寺『四万六千日』(ほうずき市)、、、、下町の夏の風物詩はまだまだ続きます。
[PR]

by hagoita-kougetsu | 2016-07-06 09:09 | 我が家日和 | Comments(0)