人気ブログランキング |

押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 04日

秀山祭九月大歌舞伎

昨日は父、女房、娘の四人で新橋演舞場に行って来ました。

今月は今年で七年目になる『秀山祭』、、、、初代中村吉右衛門丈の芸を継承する目的で始まりました。
この秀山祭は歌舞伎本来の古典を中心に行われ年に一度楽しみにしている方も多いと思いますが
父と私もその一人です。

d0195637_8311654.jpg



d0195637_8264737.jpg


夜の部の観劇で席は二階中央です。

d0195637_839115.jpg



d0195637_8275131.jpg



d0195637_8281188.jpg


一幕目は『時今也桔梗旗揚』(ときはいまききょうのはたあげ)
明智光秀が主君織田信長を本能寺で討つまでのお話です、、、、、重厚感ある時代物です。
幕引き後、、、、、、、、『これが芝居だなぁ~~、、、』とポツンとつぶやいた父の一言が印象に残ります。
本人も16歳の時に初めて歌舞伎を見に行った時が初代吉右衛門丈だったそうで感無量だったのでしょう!

楽しみなお弁当、、、、、

d0195637_8393938.jpg



さて、二幕目は打って変わって舞踊、、、長唄の大曲『京鹿子娘道成寺』、、、、、、、

この道成寺も大変父は楽しみにしていました、、、、、元気で劇場に行けるあいだに見てみたいと。
念願かない今月見ることが出来ました。相務めるのは中村福助丈、、、、、、、
今回の秀山祭は、昨年この舞台が最後になった七世中村芝翫丈を偲ぶ事もあました。

d0195637_8483726.jpg


『押し戻し』まであった為通常の『道行』はカットされ福助丈が白拍子花子からの登場です。
踊り方も幾つかあるようですが当然『成駒屋型』なのでしょう!さすがこれから女形を引っ張っていく
御一人、、、、、艶っぽく、抜群の安定感があります。父も大喜び!皆な大喜び!

西山家四人、、、、、楽しませていただいた今月の歌舞伎でした。

この舞台に出演予定だった市川染五郎丈ですが八月末の舞踊会で大けがをされ休演んと
なりましたが早期ご回復を心よりお祈り申し上げます。

by hagoita-kougetsu | 2012-09-04 08:59 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)


<< 豆羽子板『勧進帳』      豆羽子板の追加 >>