押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 14日

新型 豆羽子板額

羽子板の鴻月では昔から単品の豆羽子板額(色紙)があり好評を得ていました。

更なる豆羽子板額が出来ないか考案中だったのですが遂に出来上がりました、、、、、、

金曜日注文していた額屋から閉店15分前に電話が有り『出来たので取りに来て、、、、、、』との一報、、、
車で行けばよかったが時間もないので自転車で行ったら大変でした。

いずれにしても羽子板市には間に合う、、、、良かった良かった。

『歌舞伎十八番 勧進帳』

d0195637_11591052.jpg


まずはお約束の三人立ちです、、、、定式幕の背景が羽子板を引き立たせます。


『助六由縁江戸桜』

d0195637_1204598.jpg



夜の吉原の風景を背景にしてみました、、、、、、桜と仲之町の灯りが『郭』を思い浮かべます。

『連獅子』

d0195637_1225135.jpg


クリーム地の和紙に紅白の牡丹を書いてみました、、、、、、、

『一陽来復』、、、、と題しました。

d0195637_128039.jpg



d0195637_1281817.jpg


宝船と三番叟、、、、全然違う物ですが組み合わせておめでたい形にしました、、、、、
三番叟の背景はそれぞれ違う『松』、、、、銀色の和紙とクリーム色の和紙。二つとも水引をあてがって
います。

『勇・智・仁』、、、、と題しました。

d0195637_2036574.jpg



御存じ歌舞伎十八番の内の『弁慶』『暫』『助六』です、、、、、
この登場人物を漢字一文字で表しました。暫は勇気の『勇』、弁慶は智恵の『智』、そして助六は親愛の情
を表す『仁』、、、、、、男子誕生のお祝いにと考えてみました。また助六は江戸一番の色男、、、イケメンです。


単品の額は『和風』でしたが今回の額は洋間にもピッタリの形で色目も木目ブラウンにしてみました。

そして最大の違いが『縦飾り』にしたことです、、、、、洋間と言うのは『縦』が似合うのに気づきまして、、、、
鏡やカレンダーなど大抵が『縦』です、、、、、、そしてこの額を縦に使うことで多くの可能性が生まれます。

背景の絵を生かし今後も『ストーリー性』のある物を作っていきたいと思います。

また、価格帯も2万円台~3万円台と今まで無かった設定なので用途もいろいろで幅も広がるような
気がします。



[PR]

by hagoita-kougetsu | 2014-12-14 12:20 | 羽子板の写真 | Comments(0)


<< いよいよ明日より羽子板市      25号『八重垣姫』 >>