人気ブログランキング |

押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 14日

今年も『団菊祭』へ

当月の歌舞伎座は『団菊祭五月大歌舞伎』興行です、、、、娘と夜の部に行って来ました。

d0195637_8541478.jpg


一幕目は『慶安太平記』、、、、江戸幕府転覆を企てるお話で主役の丸橋忠弥には尾上松緑丈が務めます。
音羽屋松緑家のお家芸でしょうか、、、酒気帯びシーンや長時間の大立ち回りは他では見ることのできない
芝居を堪能できました。関連した話なのだが、、、先日お客さんが来店し羽子板資料館に形見の羽子板を
寄贈したいと話がありました。写真を見てみると今回観劇した『丸橋忠弥』であった。かなり大きい羽子板
のようだが昭和初期の物と推測しました、、、、、、また改めてご紹介します。

d0195637_94986.jpg



続いて歌舞伎十八番『蛇柳』、、、近年十八番物の復活に意欲的な市川海老蔵丈が演じます舞踊劇です。
私も初めての観劇になります。高野山の霊木『蛇柳』、、、その精魂へと姿を変えての立ち回り、、、、
最後は押し戻しが登場し幕引きの形となります。歌舞伎十八番の重みのある舞台を観ました。
(今年は高野山開創1200年でもあります)

御弁当は娘が下校ギリギリになる可能性が有ったのでカミさんが先にソラマチで買っておいてくれました。

d0195637_911690.jpg


座席は二階前方左サイド

d0195637_911595.jpg



さてさて最後は娘も大好きな『神明恵和合取組』、、、、め組の喧嘩です。
辰五郎は当然尾上菊五郎丈、、、、、、何度再演されているだけあって貫録の辰五郎です。

小気味のいい口調、、、、場面転換も有り大詰めでの鳶と力士の壮絶な大立ち回りはいつ観ても
歌舞伎の醍醐味を象徴する場面です。

昨年も観た『團菊祭』ですがそれぞれのお家芸を今年も直球勝負で観客を魅了してくれて素晴らしい舞台でした。

そして若手歌舞伎役者も多用し活気のある舞台になりました。彼らもこう言う舞台を経験し育っていく
と思うとこれからの歌舞伎も楽しみになる、、、、そんな夜の部でした。

by hagoita-kougetsu | 2015-05-14 09:22 | 我が羽子板屋の嗜み(たしなみ) | Comments(0)


<< 三社祭がはじまりました、、、、、      遷座四百年の神田祭 >>