人気ブログランキング |

押絵羽子板・西山鴻月のブログ  『風のしがらみ』  ~この道一筋に~

kougetsu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:羽子板の写真( 51 )


2019年 05月 23日

出来ました、、、

豆板『鳴神』の完成です、、、、、

押絵が出来たときは『イマイチ』かなと思いました、、、、、このサイズでこの手の髪型はやはり無理があるのかと、、、、

しかし、、、、押絵というものは不思議なもので桐板に打ち込んでみると迫力のある押絵羽子板になりました。
躍動感も有り写真で見るととても18センチの豆羽子板とは思えないほどです。

d0195637_09201900.jpg


by hagoita-kougetsu | 2019-05-23 09:23 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2019年 04月 17日

先日できました、、、、

私にとっては初めて作った豆板です、、、、

ようやく出来上がり桐板がありましたので数本打ち込んでみました。

d0195637_09363930.jpg




by hagoita-kougetsu | 2019-04-17 09:37 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2018年 12月 09日

20号『藤娘』

舞踊でも有名な長唄『藤娘』、、、、、羽子板になっても人気があります。

通常『藤娘』と言ったら笠をかぶったものが定番で羽子板になっていますが踊りの中には様々な衣装で舞が続きます。

珍しい『藤娘』のご紹介、、、、、、しかも顔は狂言物と言われる『女形』

d0195637_09282350.jpg
そして、、、一本裏絵の描いていない桐板が余っていたので早速描いてみました、、、、、

d0195637_09301045.jpg



by hagoita-kougetsu | 2018-12-09 09:31 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2018年 12月 08日

25号『勢獅子』(きおいじし)

25号(75センチ)は今となっては大型の羽子板となってしまいました。

おめでたい羽子板です。

d0195637_09032484.jpg
このクラスになりますと『裏絵』も拘りたい、、、、、、いろいろ考えて、、、、、
d0195637_09050120.jpg
d0195637_09051452.jpg
『竹に牡丹』にしました、、、、、特に意味はないのですが牡丹が下部にきて上部が余るので竹が良いかと、、、
何よりおめでたそうなので。





by hagoita-kougetsu | 2018-12-08 09:09 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2018年 12月 06日

こんな羽子板も有ります。

『歳の市』(羽子板市)しか出品しない珍しい羽子板があります、、、、、


歌舞伎舞踊『黒塚』サイズ20号


d0195637_09420978.jpg
普通は、、、、、チョット!と思いますが意外と人気があります。羽子板市ならではの一品です。


by hagoita-kougetsu | 2018-12-06 09:44 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2018年 01月 14日

仕事の続き、、、

昨年よりの引き続き仕事です、、、、、、、面相描き。

d0195637_09400818.jpg
『ドウサ』引きから始まり『胡粉』の下塗り、、、、、

d0195637_09420288.jpg
『頬紅』を刷り込む、、、、刷り込む刷毛は『超極細』、、、、その後『上塗り』へ、、、、朱色を少し混ぜ赤みを出す。

d0195637_09430320.jpg
d0195637_09434288.jpg
d0195637_09443257.jpg
鼻の線から描き始めます、、、、

d0195637_09480392.jpg




by hagoita-kougetsu | 2018-01-14 09:48 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2017年 11月 27日

見っけ物、、、、

我家の豆板には額に入ったものがありますが先日それを近くの額屋に買いに行きました、、、、

その折、、、ワゴンセールで使えそうなものが売っていましたのでそれも買ってきました。(少々塗りムラ有)

縁が漆黒なので揚巻と助六を入れようかと、、、、、、

早速『桜』を描く

d0195637_09315649.jpg
たて23センチ、横29センチの額です、、、、、、
d0195637_09335825.jpg
小さなお部屋でも江戸の『粋』を感じたい方、、、、いかがでしょうか?




by hagoita-kougetsu | 2017-11-27 09:35 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2016年 11月 14日

完成したので打ち込んでみました。

豆羽子板『祇園祭礼信仰記 金閣寺・雪姫』

銀の散り簪は特注の型で銀紙を打ち抜いて作ります、、、、

d0195637_9501745.jpg


d0195637_9503938.jpg



今回、面相を『狂言仕立て』にしたのが良かったと思います。
何か戦前の豆羽子板を思わせる感じです、、、、白ねずみもバッチリ!

d0195637_951134.jpg



おかげさまでこのブログも今月6年を迎えることとなりました、、、、
毎年さほど日々変わり映えのない投稿になりますが今後とも宜しくお願い致します。

by hagoita-kougetsu | 2016-11-14 09:53 | 羽子板の写真 | Comments(0)
2015年 12月 07日

羽子板の写真その11(男物)

昨日描いた背景に押絵を打ち込みました、、、、

d0195637_8551889.jpg



『近江源氏先陣館』・佐々木盛綱 (背景では波を描いたのですが打ち込んだら見えなくなりました)

d0195637_8544899.jpg


『壽式三番叟』(全身物) 

d0195637_8582680.jpg



歌舞伎十八番『鎌髭』(かまひげ)20号で二人立ちは珍しい、、、、、

d0195637_902827.jpg


久しぶりに『仮名手本忠臣蔵・七段目』 大石内蔵助とお軽が揃う

d0195637_924481.jpg


by hagoita-kougetsu | 2015-12-07 08:55 | 羽子板の写真 | Comments(2)
2015年 09月 05日

『車引』三人立ち額入り

来週の赤坂大歌舞伎『職人五軒長屋』出店に向けて先日完成しました松王丸を梅王丸・桜丸と共に
昨年始めた額入りにしてみました。

何と言っても背景図が大事なのですが、、、、こんな感じに描いてみました。

まず色和紙を張り、、、、、、、

d0195637_8565416.jpg


この和紙ですが、、、、、揃えた物は各色、色の違いもさることながら質感も全然違うので絵具の調子が
それぞれ異なり思った以上濃い目にしないと出来上がりが綺麗にいかない感じです。
今回は鼠色の物を選択し使用しました。

d0195637_8594424.jpg



中央に松、、、、、、左右に桜と梅を描きます。

d0195637_905437.jpg


ここで左右の桜と梅に対し比較的おとなし目の松を描きました。ここに『ガッチリ』描くと全体的に
うるさくなると思ったからです。

ナンチャッテ勘亭流も加え出来上がり、、、、

d0195637_934060.jpg



d0195637_942147.jpg


梅王丸・松王丸・桜丸の車引きが揃うのは珍しい事です、、、、、、私がこの仕事について30数年で
過去には一度だけでした。どうしても単品販売では売れ行きが異なりますので、、、、、、
次回もこんなシリーズは続けていきたいと思います。

by hagoita-kougetsu | 2015-09-05 09:13 | 羽子板の写真 | Comments(0)